茨城|ローコスト住宅の理由って?場合によっては損するかも!

「ローコスト住宅を建てたいな」
と考えている方は多いのではないでしょうか。
値段が安いのに一軒家を建てられるのは大きな魅力ですよね。

ただ、値段の安さにはそれなりの理由が必ずあるものです。
その理由を知っておけば、後悔することなく正しい判断で住宅を建てられるでしょう。
この記事ではそんなローコスト住宅の安さの理由についてご説明します。

□ローコスト住宅が安い理由は何?

*安い値段の素材を使っているから

安い値段の素材を使っていたら、安い値段で仕上がるのは当たり前ですよね。
安くてもデメリットがない場合には大丈夫ですが、多くの場合はグレードダウン前の素材よりも汚れやすかったり、もろかったりしてしまうものです。

素材の質を落とす時にはそれによってどのようなメリットとデメリットがあるかを考える必要があります。
また、素材ではなく、できるだけ他のところで費用を減らせるようにしたいですね。

*少ない人数で急いで作業するから

工期を短縮しつつ人件費を削減することによって、家は安く作れます。
キビキビと作業してクオリティを保ちながら少ない時間で工事を終えられたら良いですよね。

ただ、業者の中にはわざと作業を抜かしたり、見えないところをいい加減にしたりするような業者も存在します。
工程やその工程にかかる時間が適切かをよく質問してから頼むと安心です。

*標準機能をオプションにしている

これは家の機能を最低限に制限することで、価格を下げるやり方です。
「シンプルな間取りがデフォルトですが、こことここを○○円で仕切れますよ」とか「風呂の追加機能は○○円でつけられます」と言って追加のお金を取られてしまいます。

*広告費を削減している

業者によっては人件費や素材の値段といった質の部分ではなくて、広告費や諸経費をどんどん削減していくことでローコストの住宅を実現しています。
そういった業者の建てる家は他の業者の住宅と変わらない性能で、ローコストを実現できるので理想的ですよね。

□Cuteは高品質なローコスト住宅

弊社が作っているローコスト住宅であるCuteは本物の木を素材として使いながらも、低価格を実現しています。

その理由は設計ノウハウを合理化し、広告費を多く使わないからです。
安い素材を使ったり、工期を無理やり短くしたりする場合と比べて、質が高いのもうなずけますよね。
低価格で質にもこだわりたいという方におすすめなので、気になった方はぜひ一度ご連絡ください。

□まとめ

この記事ではローコスト住宅の安さの理由について説明いたしました。
安い家にはそれぞれの理由があって、Cuteなら質を維持しつつローコストを実現できることがわかっていただけたのではないでしょうか。

建築事例