茨城|後悔したくない方必見!低価格住宅における注意点をご紹介!

家を建てるならできるだけ価格を抑えて建てたいと考えますよね。
少しでも安ければその後のローン返済もスムーズにいくので、家計としては大助かりです。

低価格住宅はコストの面で非常に魅力的ですが、その分リスクもあるので注意点を知っておかないと大変なことになるかもしれません。

この記事では、低価格住宅を建てるにあたっての注意点についてご説明いたします。

□低価格住宅とは?

まず低価格住宅とはどういったものかをおさらいしておきましょう。
簡単に言えば、価格の安い家なのですが、低価格に抑えている理由は様々です。

*理由1 素材を安くしている

シンプルにお金のかからない素材を使っていると費用は安く抑えられますよね。
木材や屋根材を比較的安いものにすれば、高級住宅に使われている素材を使ったものよりもはるかに安く作れます。

*理由2 諸経費を抑えている

間取りが複雑になればなるほど、家の値段は高くなってしまいます。
間取りを1階と2階に同じように作ってあげると、それだけで経費を抑えられるのです。

また、平屋にするのもかなりの経費削減になります。
平屋には階段での移動をしなくて良くなる他にも多くのメリットがあります。
家の床面積自体は少なくなってしまうので、どちらが好みかを考えると良いでしょう。

*理由3 宣伝費用を抑えている

宣伝にお金をかけないとその分の費用を建築資金に使えるので、低価格で建てられるのです。

□低価格住宅の注意点

低価格住宅の注意点は主に3つです。

*注意点1 材料費や人件費を削って手抜きされる場合がある

理由1で述べたように、安い材料で急いで作れば低価格になります。
ただ、悪徳業者だと見えないところで手を抜いたり、いい加減な施工をして工期短縮をしていたりするので注意が必要です。
どうしてその値段になるのか理由を聞いてみると良いでしょう。

*注意点2 オプションありきで話される

オプションを追加していくことによって、どんどん値段が上がって最終的には普通の住宅と同じくらいになることがあります。
必ず、何からがオプションになるのかを聞いておいてくことが大切です。

*注意点3 保証やアフターケアがいい加減

安いですが、建てたら建てっぱなしということもよくあります。
よく資料を確認すると気づけます。

□Cuteで解決?

弊社ではCuteという低価格住宅を作っています。
こちらはモデルハウスを作らず、広告費用にもほとんどお金をかけないからこそ実現できる低価格なので、安心してご購入いただけます。
ログハウスのメリットを取り込んだ家になっているので、興味がある方はぜひ一度ご相談ください。

□まとめ

この記事では低価格住宅の注意点についてご説明致しました。
低価格の理由には様々なものがあり、その中でも注意しておかないと大変なことになる注意点がいくつもありましたね。

建築事例