家づくりに失敗しないポイントとは?茨城のハウスメーカーが紹介します。

自分たちで間取りを考えて家を建てる機会は、人生一度きりである方がほとんどです。
後悔しない家づくりをしたいですが、実際に建てた経験がないことに関してうまくやることは大変難しいかと思います。

そこで、過去に家づくりをした方が失敗したと思う点に関してまとめました。
家づくりをする上で参考にしていただければと思います。

□収納が少ない

家を建てた当初は十分であったスペースでも、年月が経つほど物が増えてくるので収納スペースがなくなってくるという問題がよく発生します。
外に別で物置を置くとしても庭のスペースが広くなければ難しいです。

また、子どもの成長でものが増えてきたり、趣味の道具が増えたりと、収納しなければならない物は増えていくとう前提に立って収納スペースを考える必要があります。
また、出し入れがしやすい場所に収納を配置する工夫も必要ですね。

□部屋が広すぎる/狭すぎる

家を建てて家具を部屋に入れてみると、思ったよりもスペースがないと感じたり、考えていた位置に置けないといったことがあります。
設計の段階でどの家具をどこに配置するのかまで検討する必要があります。

また、余裕をもって広めの部屋にすると、冷暖房が効きにくいといった状況になるかもしれません。
実際の生活を想像しながら適切な広さの部屋にしましょう。

□コンセントの配置を失敗した

電化製品を配置するとき、コンセントの位置が遠くて思ったように配置できないといったことが起こります。
また、ケーブルが生活するうえで邪魔な位置にきてしまったり、掃除をするときにコンセントが届かないといった問題も起きます。
どこで電源が必要になるかを考えてコンセントを配置しましょう。

□生活音が気になる

子どもの叫び声や走る音、電化製品の音など生活音について考えておかないと、生活する中でのストレスにつながります。

例えば、洗濯機の音がよく聞こえる場所にリビングなどのリラックスできる空間を配置すると、ゆっくりと休むことができません。
気になりそうな音がどこから発生するのかを考えて間取りを決めましょう。

 

家を建てて実際生活してみることで気づくことが多くあります。
設計するときにできるだけ、生活する様子を想像して間取りや配置を考えていきましょう。

建てるときにああしておけばよかったというような後悔をできるだけしないためにも、過去の家づくりの失敗談を知ることも大切です。
ぜひ家づくりの参考にしていただければと思います。

建築事例