ログハウス生活のメリット・デメリットは?茨城の業者が説明します。

ログハウス生活に憧れはありますか?
自然に囲まれた環境で、木材をふんだんに使ったログハウスでゆっくりとした時間を過ごすという生活は多くの方が夢見ることかと思います。

そんなログハウス生活も大変なことが多々あることをご存知でしょうか。
ログハウス生活で得られるメリットと意外と知らないログハウスのデメリットを合わせてご紹介したいと思います。
ログハウス生活のイメージをより具体的にしていただければと思います。

□ログハウスのメリット

*木材のリラックス効果

ログハウスに使用されているのは天然の木材です。
コンクリート建築の家では感じることのできないような木の温かみが家中に広がっています。
木の匂いを嗅ぐとリラックスできますし、心地よい気分になります。

また、木材は時間が経つほど味わいがでてくるので長い間楽しんで暮らすことができますね。

*省エネ効果

ログハウスの中は夏は涼しく、冬は暖かいことが特徴です。
木は伐採されてログハウスの建材として使われていても呼吸し続けるので、人が何もしなくても家の中の湿度を調節してくれます。

また木材は断熱性が高いので、エアコンなしでも快適な室内環境が保たれます。

□ログハウスのデメリット

*定期的なメンテナンスの必要性

一般的な住宅ではメンテナンスをしなければ、家の寿命が短くなります。
天然の木材を使用しているログハウスでも定期的なメンテナンスをしなければ、家の歪みが起こります。

木材は乾燥が進むと縮んでいきます。
また湿気にさらされると収縮や変形につながる可能性があります。

木材の収縮や変形が進むと家そのものが歪んできます。
こうした事態を避けるためにも、定期的に塗装をしなければなりません。

木材を外気の影響から守るためにコーティングします。
目安としては5年おきの塗り替えが必要となりますが、一回の塗装で10万円ほどの費用がかかってしまいます。

また、塗装以外にもシロアリ対策や湿気対策など季節に応じて自分で家の手入れをしなければなりません。

□ログハウスのデメリットを克服するには?

木のぬくもりがあり、省エネにもなるログハウスですが、メンテナンスが大変であることが最大の弱点です。
ログハウスの良さを残しながら、この弱点を克服した新しい形の住宅がわが社の「CUTE」です。

CUTEは天然の木材を使用しながら最新の建築技術を取り入れることで従来型のログハウスの良さを残し、メンテナンスの手間を省きました。
安心・安全・快適なCUTEで夢のログハウス生活を手に入れませんか?

建築事例