注文住宅で自然素材を使うメリットは?茨城の業者が説明します。

ログハウスなどに多く使用される自然素材。
家の建材として自然素材を使うことで、環境面、健康面で大きな利点があります。

こうした利点から最近では自然素材を使った住宅が増えてきており、自然素材を使ったリフォームも多く行われています。
自然素材を使用するメリットに関して、環境、健康、経済、住み心地といった面から考えていきたいと思います。

□環境にやさしい

化学物質を多く使用する建材は、輸送コストも高く、家を建てるときや取り壊すときにも有害物質が発生します。

一方で自然素材を使用する場合、多くは国内の天然木材を使うため輸送のときに排出される二酸化炭素は少ないです。
廃棄の際にももともと自然界にあるものなので土に返っていきます。

□住む人の健康

従来型の化学物質を使った建材で建てられた住宅だと、シックハウス症候群や化学物質過敏症を引き起こす可能性があります。
アレルギー、アトピーなど、特に小さなお子さんやお年寄りの健康を害するような症状の原因となります。

自然素材は健康に悪影響を与えるような有害物質を含まないので、安心して生活できます。

□経済的である

自然素材は値段が高いというイメージをお持ちではありませんか?
確かに自然素材を使った住宅は他の住宅と比べて高価なことがありますが、実は長期的な視点で見れば自然素材の方が経済的です。

自然素材は耐久性という面で工業建材よりも優れており、寿命の短い工業建材を使用した住宅よりも長く住み続けることができます。
また、自然素材は調湿効果があり、快適な室内環境を保つことができます。

断熱性もあるので、夏は涼しく冬は暖かいのが特徴です。
エアコンを過剰に使用することがないので、光熱費を抑えることができます。

□ぬくもりを感じる

木のぬくもりを感じることができるのは、自然素材を使う魅力の一つです。
木の匂いを嗅いだり、木目を見ると自然の中にいるような感覚になりリラックスできます。

精神的に疲れている時に癒してくれる環境が家にあるのはうれしいですよね。

 

自然素材を使った住宅にはこのように多くのメリットがあります。
わが社の「CUTE」は自然素材と最新の建築技術を使った新しい形の住宅です。

自然素材の良さを生かしながら、メンテナンスの手間を省いた住宅を低価格で提供しています。
気軽に自然素材を使った住宅を購入していただけるのが大きな特徴です。
人にも環境にもやさしい自然素材の住宅に住んでみませんか?

建築事例