ログハウスの耐震性って大丈夫?茨城のハウスメーカーが紹介します。

地震大国である日本にいると、住宅を選ぶときに気になるのが耐震性ではないでしょうか。
もし大地震が起こっても、耐震性のある住宅にいれば住む場所は確保でき生活の復旧も簡単です。

実はログハウスは耐震性において大変優れていることをご存知ですか?
実際に過去の大地震でもログハウスが倒壊した例はほとんどありません。

地震に強いのがログハウスの特徴ですが、このログハウスの良さをさらに伸ばした住宅がわが社の「心と体の健康住宅CUTE」です。
一般的なログハウスの耐震性についてご説明し、CUTEでさらに耐震性を向上させているポイントをご紹介したいと思います。

□一般的なログハウスの耐震性

ログハウスは普通の住宅の何倍もの量の木材を使用しており、太くて丈夫な丸太を組み合わせています。
建材が大変丈夫であるだけでなく、組み方にも強さの理由があります。

一本一本の丸太にダボ穴という穴があり、その穴にダボを打ち込んで横積みにした丸太をつないでいきます。
こうした組み方をすることで、丸太同士が強力な摩擦力をもち、地震があっても揺れを吸収します。
こうした丸太の頑丈さと組み方がログハウスの高い耐震性を実現しています。

□ログハウスの上をいくCUTEの耐震性

ログハウスはかなりの耐震性をもっていますが、わが社のCUTEは一般的なログハウス住宅を超える耐震性があります。
CUTEでは木材や構造上の強さ以外にも住宅を地震に強くする工夫をしています。

*ベタ基礎

鉄筋とコンクリートでつくる基礎を採用しています。
建物の強さだけでなく、シロアリ防止などにも効果を発揮します。

*筋交

柱と柱の間に斜めにもう一本木材をいれることで耐震性が上がります。

*剛床

ログハウスは外壁の強さが特徴ですが、CUTEでは床の強さを上げる工夫も行っています。
格子状に床を組み、構造用合板を千鳥に貼っています。

*軸組金具

木材の強さだけでなく金物部品を使用することで強度を上げています。
木材のつなぎ目に金物を使用しています。

*屋根の軽量化

屋根材にはガルバリウム剛板を使用しています。
軽量な屋根にすることで、地震の時も建物があまり揺れなくなります。

 

ログハウスは耐震性に優れた住宅ですが、わが社のCUTEはそのログハウスの耐震性を引き継ぎながらさらに補強しています。
また、ログハウスは建材に費用がかかるため、高額になりがちですが、CUTEは耐震性を確保したうえで、低コストに抑えることを実現した住宅です。

新築住宅の購入を考えている方で、耐震性が心配かつ低予算に抑えたいという方はぜひわが社のCUTEをご検討ください。

建築事例