低価格住宅って質は大丈夫なの?茨城の業者が解説します。

家を購入するというと、人生で一番大きな買い物をすることになりますよね。
しかし、最近では今まででは考えられなかった値段で家を購入できることがあります。
いわゆる低価格住宅ですが、例えば1000万円ぴったりで家を建てられたりとあこがれのマイホームが低い価格で手に入ることが特徴ですね。

しかし、値段が低いというと質や耐久性の面で問題があるのではないかと心配される方も多いのではないでしょうか。
そこで、低価格住宅の特徴と購入の際に気を付ける点をご紹介したいと思います。

□低価格住宅の落とし穴

ローコストが魅力の低価格住宅ですが、実際購入してみると思いもよらない点が見つかる可能性があります。
そのため購入前にしっかりと検討する必要があります。

*建築価格の複雑さ

建築価格は様々な要素が組み合わさって計算されます。
ハウスメーカーによって算出方法が異なったり、できるだけ安く見えるように表記していたりすることもあります。

*低品質の建材

安さを実現するために、できるだけ安価な建材を使用している場合があります。
安い建材だと品質が劣ったり、性能や耐久性の面で問題があることが多いです。

*アフターフォローの有無

家は継続的なメンテナンスが必要であり、建てた後もしっかりとした保証があることが望ましいです。
ローコストであるがゆえに、保証がしっかりとしていないということも起こりうるので必ず確認しましょう。

□ローコストでも高品質!「CUTE」の安さの秘密とは?

低価格住宅にはその建築費用の安さの代わりにリスクが伴います。
せっかくのマイホームなら安心で高品質な家を購入したいですよね。

わが社の「CUTE」は低価格住宅でありながら、高品質であることが特徴です。
無垢材を中心とした自然素材を建材として使用しています。
高品質な住宅を低価格で提供できるのには理由があります。

*適切な見積価格

低価格住宅を提供する業者のなかには、できるだけ安く見えるように見積価格を提示し、オプションで最終的な建築価格を高くする業者も存在します。
わが社ではすべての費用を含めた適切な見積を提示しています。

*坪数の効率化

必要とされる坪数をもとに最適なプランを採用します。

*関連業種の最小化

大工工事で大部分の建設を行うため、関わる業種が少ないです。

*モデルハウスを使わない

モデルハウスを持たず、高額の維持費をかけないことでコストカットにつなげています。

*広告費用の削減

大規模の広告を行っていません。
無駄な広告費を使わず、価格に還元しています。

低価格住宅の思わぬ落とし穴について、ご紹介しました。
低価格住宅をお考えの方は、ローコストでありながら高品質で自然素材を使った「心と体の健康住宅CUTE」をぜひご検討ください。

建築事例