低価格住宅で自由度の高い設計をする方法とは?茨城の業者がご紹介します。

低価格住宅が最近では人気になっています。
思いもしなかった低価格でマイホームが手に入るということで、今まで家の購入をためらっていた方にとってうれしい商品ですよね。

ただし、低価格住宅の弱点として間取りの要望などのリクエストが通りにくいことがあります。
低価格住宅を購入する前に知っておくべき低価格の理由と、低価格住宅における自由度、そして低価格でも自由度の高い住宅を建てる方法に関してご紹介したいと思います。

□なぜ低価格なのか

低価格住宅を購入する前に、なぜ高額な費用がかかる住宅建設がローコストでできるのかを知っておく必要があります。
低価格住宅の中には、使用されている建材が低品質のものであったり、法規制ギリギリで建設されていたり、そもそも低価格であるように装って表記していることもあります。
様々な方法でハウスメーカーは低価格住宅を提供しているのです。

低価格を実現する方法の一つとして、間取りなどの住宅に関する自由度を低くして、できるだけ同じような住宅を建てるという方法があります。

□自由度の少なくなる低価格住宅

ひとりひとりの要望に応えていると、それに応じた設計が必要となるので当然コストがかかります。
均質的で同じ間取りの住宅である方が、事前相談の必要も少なく建設の際も費用がかさみません。
そのため低価格住宅の多くは全く同じ見た目や間取りのものが大半です。

自分好みにしたい場合はオプション料金が発生します。
自分で選べる場合もハウスメーカーがあらかじめ用意しているプランのなかから選択するということが多いです。

□低価格でありながら自由度の高い住宅とは

低価格といっても、せっかくのマイホームならできるだけ自分の理想が反映されたものを建てたいですよね。
低価格で自由度の高い住宅を建てる手段としてわが社の「心と体の健康住宅CUTE」があります。

CUTEはそこに住む方のライフスタイルに柔軟に合わせた住宅です。
自由度を低くすることで低価格にするのではなく、他の部分でのコストカットを図り、リクエストに応じた注文住宅を購入しやすい値段で提供しています。

具体的には広告費の削減やモデルハウスを使わないことでの維持費のカット、建設にあたる効率性のアップなどを通じて、低価格を実現しています。

低価格住宅というとその安さゆえにあまり希望は反映されないのではないかと思われる方も多いのではないでしょうか。
理想のマイホームを手に入れるため、ぜひ安価で高品質な注文住宅「CUTE」をご検討ください!

建築事例