坪単価は低価格住宅を購入するときの落とし穴!茨城のハウスメーカーが解説します。

低価格住宅を提供するハウスメーカーには「坪単価のマジック」を利用している業者が存在します。
表向きには低価格であっても、実は平均的な価格であることがあります。

低価格を期待して新築住宅を購入しても実質的な価値を伴っていなかったというようなことを防ぐためにも、坪単価という考え方についてお伝えします。

□坪単価とは

坪単価はそのハウスメーカーの提供する住宅の価格を知るためにしばしば使用される指標です。
(建物本体価格)÷(延床面積)で坪単価は一般的に計算されます。
しかし、この建物本体価格と延べ床面積は明確な定義がなく、業者によってその測り方は様々です。

例えば、建物本体価格に関していえば、多くの業者では室内の照明や備え付けインテリアは価格に含まれず、設計料などを建物本体価格に含めるか含めないかは業者によって異なります。

また延床面積の定義もあいまいです。
ポーチやバルコニーなど建物外部にある部分を延べ床面積とみなす業者も存在します。

□坪単価のマジック

坪単価を計算する上で必要となる建物本体価格と延床面積の定義があいまいであるため、坪単価がハウスメーカーの都合で計算されることがあります。
建物本体価格をできるだけ安く見せるために、設計料を価格に含めなかったり、延床面積が広くなると坪単価が安くなるため、延床面積には一般的には含めないバルコニーを数値に盛り込んだりといったことをする業者もいます。

このように計算方法を恣意的なものにすることによって坪単価の安さをアピールして、低価格であるように見せることができます。
そのため実際に家を建てるとそれほど低価格ではないといった事態が発生するのです。
予算に合わせて低価格の住宅を選んでいるにも関わらず、最終的な費用が高額となってしまえば本末転倒です。

□本当の低価格住宅を見極めるためには

予算に合わせた家を建てるためにも、依頼する業者の建物本体価格に含まれるものと含まれないものを知る必要があります。
また、延床面積が何を指すのかをはっきりさせましょう。
坪単価の安さを押してくる業者のなかには、低価格に見せるように数値を操作している業者もあるので注意しましょう。

坪単価は低価格住宅の値段をアピールするためにしばしば使われる指標ですが、実はその定義ははっきりしておらず、確認をしないと思いもよらない費用を請求されることがあります。
特に低価格住宅を購入する場合は注意しましょう。

わが社の「CUTE」はローコストの注文住宅ですが、坪単価の安さではなく、総額で低価格であることが特徴です。
また、低価格でありながら質に自信があります。
新築注文住宅をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

建築事例