無垢材を使った健康住宅の効果について、茨城のハウスメーカーが紹介します!

住宅の建材を選ぶときの選択肢の一つとして無垢材があります。
無垢材は自然素材の一種で無垢材を使用している住宅は健康住宅としばしばいわれます。

今注目の無垢材に関して無垢材とはなにか、無垢材を使用した住宅はどういった特徴をもつのかについてご紹介したいと思います。

□無垢材とは

無垢材とは、その名の通り自然のままで加工がされていない木材のことをいいます。
最近の住宅では集成材を効果的に使用して建てられています。
集成材を使用することで安価で住宅を建てることが可能です。

一方で耐久性や住む人の健康面での問題点が指摘されていることがあります。

複数種類がある集成材の健康面や耐久性の欠点から、特に子供や高齢者がいる世帯におすすめできるのが無垢材です。

無垢材は木造建築が古くから建てられてきた日本に根付いている建材です。

ただ、集成材と言っても極端に安価なものもあれば、有害物質の発生量を表す基準があり、そのランクが高いものは健康面でも効果が高いものだと言われています。

 

□無垢材を使うメリット

無垢材は集成材と比較して、様々な利点があります。

*健康被害の心配がない

化学物質を使用しないため、室内に化学物質が充満する心配はなく、新築に引っ越した時にしばしば起こるシックハウス症候群もありません。

*断熱性が高い

断熱性が高いため、冬は温かく、夏は涼しいのが特徴です。
外気の温度に影響されにくいので、エアコンの使用は少なくなります。
省エネで地球環境にやさしく、電気代の節約にもなります。

*調湿機能

天然の木には湿度を調節する機能があります。
木は伐採された後も呼吸を続けるため、何もしなくても湿度を一定に保ってくれます。
湿度が高いとカビやダニの原因にもなるので、快適で健康的な室内環境をつくるためにも湿度は重要な機能を果たします。

*耐久性が高い

無垢材を使用した住宅はとても丈夫です。
日本の古くからの寺や神社の多くが木造であるように、木造住宅は長持ちします。
地震にも強いのが特徴です。

無垢材は耐久性も含めて健康面でも高い評価を得る建材として注目されています。
住む人の健康にやさしく、快適な環境をつくるという意味でも無垢材は大変優れています。
一方で、集成材も有害物質の発生量を基準とする最高ランクの「F☆☆☆☆(エフ・フォースター)」というものであると安心です。

わが社の「CUTE」は住む人を思い、無垢材と「F☆☆☆☆(エフ・フォースター)」の集成材を効果的に使用しているログハウス風注文住宅です。
健康面でも耐久面でも安心したお家を建てたいと考えている方はお気軽にお問い合わせください。

建築事例