家を建てるときに注意すべきシックハウス症候群と無垢材とは?茨城の業者が説明します。

家を建てるとき、気になる健康への影響の一つにシックハウス症候群があります。
シックハウス症候群は以前は石油ストーブなどから発生する有害物質による健康被害が主なものでしたが、最近では新築住宅に引っ越してきたときにしばしば発生する症状となっています。

化学物質を用いた建築技術が発達した現代特有の症状であり、住宅の建材を選ぶときは注意しなければなりません。
シックハウス症候群の原因や症状とシックハウス症候群を防ぐ無垢材の特徴に関してご紹介したいと思います。

□シックハウス症候群とは

室内にいるだけで目がかゆくなったり、鼻水が止まらない、頭痛がするといった症状があらわれることがあります。
こうした異常はシックハウス症候群の一つかもしれません。

シックハウス症候群は住宅の高気密化によって建材から化学物質が拡散され、室内にこもってしまうことから発生します。
壁によく使用される塩化ビニールクロスやフローリングの接着剤など、建材に使用されている様々な化学物質が人体に悪影響を及ぼします。

住宅を建てるときに使用される化学物質はあまりにも多岐に渡っているため、人体への安全性がよくわかっていないものもたくさんあります。
シックハウス症候群の発症には個人差があるため、同じ室内環境にいても異常がみられる人とそうでない人がいます。

□シックハウス症候群の対策としての無垢材の使用

シックハウス症候群を未然に防ぐ手段として、化学物質を使用しない自然素材の使用があります。
無垢材は自然素材の一つで主に床や建具などに使用されます。
無垢材をはじめとする自然素材は値段が高いというイメージをお持ちの方は多いのでしょうか。

たしかに、無垢材とは対になる化学物質を使った建材は安価であり、それが普及していた理由でもあります。
しかし、化学物質を使った建材は劣化の進行が激しく、長期的な視点で見ると無垢材の方が耐久性に優れており、メンテナンスや交換の頻度が低い分経済的です。

他にも、無垢材は冬の乾燥や夏の湿気を調整して室内環境を快適にする働きをします。
健康面だけでなく、経済的にも快適さにおいても無垢材は優れているといえます。

シックハウス症候群は住宅の建材が原因で発生する症状です。
せっかく新しい家に移ったのに体調不良で悩みたくないですよね。

化学物質を使用した建材は安価で扱いやすいのが特徴ですが、健康的で快適な生活を送るためにはできるだけ使わない方が良いでしょう。
シックハウス症候群にならないためにも、家を建てるときはできるだけ化学物質を使用していない無垢材を選んでみてはいかがでしょうか。

建築事例