生活導線を短くする効果とは?茨城の家づくりのプロが紹介します。

家の間取りを考えるときに大切になるのが「生活動線」です。
生活動線とはその家に住む人がどういった経路で行動するのかということです。

生活動線という考え方は特に家事をするときに大切になります。
新築住宅を建てるとき、間取りで悩む方は多いかと思うのですがよりよい生活環境をつくるために生活動線を意識してみてはいかがでしょうか。

生活動線の大切さや間取りを考えるときのポイント、生活動線を意識した間取りの思わぬ落とし穴についてご紹介したいと思います。

□なぜ生活動線が大切なのか

炊事・洗濯・掃除など家事をするときは家のいろいろな場所を動き回りますよね。
例えば洗濯機を回してから、回している間にごはんの準備に取り掛かったりであるとか、同時に作業したり、ある仕事が終わったらすぐに別のことを始めたりとなにかと忙しくなります。
こういった複数の要素を同時に行い、毎日行われる家事にとって、動線を考えることは効率化や負担の低減に繋がります。

共働き世帯が増えており、家事にとれる時間は少なくなってきています。
生活動線を考えることは今後も重要性を増してきそうです。

□生活動線を意識した間取りのポイント

移動時間を短くしたい家事に応じて生活動線を考えていきましょう。
例えば、買い物で帰ってきたときにキッチンまで重いものを運ぶのが億劫な方は玄関近くにキッチンを配置しましょう。
普段の生活行動を思い出して、効率化できそうなところを考えていきます。

また、人によってライフスタイルが異なるので、自分に最も合った生活動線をつくりましょう。
常に色々な家事を同時にしている方は家事スペースを一か所に集中させる、洗濯の数が多くてベランダとの往復を何度もする方は水回りをベランダ近くに配置するといった風に個人の生活に合った家事動線を想定するとよいかもしれません。

□生活動線で注意する点

生活動線は日々の家の中での行動を効率化する上で大切な考え方です。
しかしその一方で生活動線を意識しすぎると思わぬ暮らしへの障害が生まれることもあります。
収納スペースが少なくなってしまったり、家事のやりやすさを優先した結果、くつろげるスペースが狭くなったりといった状況に陥ることもあるのです。

自分の理想の暮らしや、家事以外での住空間を同時に考えることが必要です。

生活動線は共働き世帯が今後も増えていくであろう日本社会において、益々重要性を増していくのではないでしょうか。
快適さやスペースを意識しながら、自分のライフスタイルにあった生活動線の設計が必要です。
自分の生活空間を想像しながら間取りを考えましょう。

建築事例