平屋のメリット・デメリットは?茨城の業者が説明します。

一戸建てを建てるといえば、二階建て住宅を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
しかし、最近では平屋住宅が人気になってきています。
かつては幅広い世代の家族が同じ家に住むことが一般的で、広い居住スペースを確保するために、二階建てが新築住宅の主流でした。

しかし、核家族化が進んでる影響もあり、そこまで大きな居住スペースが必要ではなくなってきました。
そのため平屋が今注目されているのです。

平屋を建てる上で、知っておくべきメリット・デメリットをまとめました。

□平屋のメリット

*安定性が高い

建物の高さが高くなると、それだけ不安定になります。
二階建て住宅に比べて平屋は構造的に安定しています。
地震や台風などの自然災害にも強いです。

*コミュニケーションがとりやすい

家族全員が同じフロアにいるので、家族同士のコミュニケーションがとりやすいです。
コンパクトな家に住むことで、誰がどこにいるのか把握しやすく、お子さんのいる家庭は家事をしているときでも安心できるのではないでしょうか。

*階段がない

高齢になるほど、階段を上ることが大変になってきますが、家に階段があると生活にも支障をきたすことがあります。
転倒したり怪我をしたりといった危険性があるのです。

生活動線がシンプルで階段のない平屋であれば老後でも暮らしやすいです。
また、階段部分などの二階建て特有のスペースをとる必要がないので、その分のスペースを別の用途に使用できます。

□平屋のデメリット

*二階建て住宅と比べて費用がかかる

一般的に平屋は二階建て住宅に比べて費用がかかります。
同じ坪数の家を比較すると平屋の方が高額になります。

平屋は基礎や屋根の面積が広く、その分費用がかかるのです。
また、ある程度の敷地面積を確保する必要もあるので、土地代もかかります。

*プライベートの確保

家族とのコミュニケーションがとりやすいのが平屋の魅力でもありますが、その反面家族の中でのプライベートの確保が難しくなります。

*防犯対策

平屋の中には大きな開放的な窓をもつものがありますが、こうした平屋を建てたいというときは防犯対策やプライバシーを守る工夫が必要です。
また、周りの家の多くは二階建て住宅かと思われるため、周りの視線が気になることもありえます。

*日当たり

周りを二階建て住宅に囲まれていると平屋は影になりやすいです。

 

以前までは平屋というと少し古臭い印象を抱かれがちでしたが、最近ではその住みやすさから平屋住宅が年配の方や若い世帯にも人気になっています。
これから家を建てる方は選択肢として、デメリットを克服したプランの平屋を検討してみてください。

建築事例