低価格住宅の耐震性には心配がない!?気になるその理由とは

「低価格住宅の耐震性は大丈夫?」
このような疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

低価格住宅という価格の安い住宅について知ると、その費用の安さから耐久性や耐震性などの住宅の質が気になりますよね。
しかし、基本的には低価格住宅でも耐震性の心配はありません。

では、なぜそのようなことが言えるのでしょうか。
そこで今回は、「低価格住宅の耐震性」についてご説明いたします。

□なぜ価格が安いのか

そもそも低価格住宅は、なぜ価格が安いのでしょうか。
それは、材料費・人件費・広告宣伝費などの費用をできる限り抑えているからなのです。

材料費の費用を抑えていると言っても、質の悪い素材を使っているというわけではありません。
ほとんどの場合、独自ルートでの材料買い付けによって材料の単価を下げることを可能にしているようです。

また、広告にはお金がかかるということは考えやすいため、その経費の削減が価格を下げるのに有効であるというのは想像しやすいのではないでしょうか。
したがって、質の悪い材料を使っているわけではないため、低価格であってもその家は十分なクオリティが保証されるのです。

□低価格住宅でも耐震等級を満たしている

前項で、低価格住宅の質に心配はないことをご説明しました。
耐震については、「耐震等級」を満たしていることから、その耐震性を保証することができます。

耐震等級とは、建物の強度を表す1つの指標であり、住宅の品質確保の促進等に関する法律に沿った住宅性能表示で3つの等級に分かれています。
低価格住宅でも、この耐震等級の1を最低限満たしているため、十分な耐震が期待できるということですね。

ちなみに、耐震等級1の水準とは、「震度6強から7程度に対しても倒壊や崩壊をしない」「震度5程度は住宅が損傷しない」程度であるとされています。

□不安ならオプションを付けるのもアリ

低価格住宅の場合でも耐震等級1を満たしてはいますが、それで耐震性に不安のある方は、オプションとして耐震性の強化を行うと良いでしょう。

人によって、住宅を建てる上で大切にしたいことは異なるものですよね。
低価格住宅を建てるときに、自分のこだわりたいところに少しだけお金をかけて自分好みの家に近づけてみると、より満足できるかもしれません。

以上、低価格住宅の耐震性についてご説明いたしました。
低価格住宅の耐震性は、耐震等級によって担保されているということがお分かりいただけたのではないでしょうか。
低価格住宅で自分の理想の家を建ててみても良いかもしれませんね。

新築住宅を建てることをお考えの方は、ぜひ一度エイ・ワン株式会社にご相談ください。

建築事例