家のスペースの無駄を省く!収納を有効活用して快適な生活を送るには

「快適に過ごせる家」とはどのような家でしょうか。
広々として開放感のある家は快適に感じますが、家事を頻繁にする主婦にとってはそうではないかもしれませんよね。
家事をする方にとって重要なのは、無駄のない動線で家事を効率的にこなせるかどうかなのです。

では、快適に家事を行うためには、どのような間取りが適しているのでしょうか。
今回は、「スペースを有効活用する快適な家事動線、収納のポイント」についてご紹介します。

□収納が肝心

家事動線を考える上で、同時に使う家電を近くに配置することや、部屋の行き来を簡単にすることに対してはよく考慮されますが、意外と「収納」に関しては二の次になってしまうことが多いようです。

部屋同士の距離が近いと、移動が短く家事がしやすいように感じられますが、その部屋に収納が少ない場合であると、必要な物を取りに行くのに全く違う部屋まで行かなければならないということもあります。

そのため、便利で快適な家を目指すなら、無駄なスペースを有効活用して収納スペースを確保しましょう。

□システム収納が便利
収納をするスペースを考えるなら、ウォークインクローゼットがおすすめでしょう。
まとめて収納できるスペースが一つあると、モノを探すのにいろんな場所に行く必要もなくなり、管理もしやすくなります。

また、その際にはシステム収納が便利です。
収納したいモノに高さを合わせられる可動棚などがあると、対応が利くためおすすめです。

しかし、収納をする棚の奥行きが深すぎる場合は、かえって使いづらくなってしまうため注意が必要でしょう。

□玄関にはシューズクロークがあるといい

基本的に便利に感じやすいのは、する行為が決まっている場所の近くに、必要なものが収納されている状態にあるときです。

したがって、玄関では靴の着脱を行うため、玄関に広いシューズクロークがあると便利なのです。

同様に、洗面所にタオルや洗剤のストックを収納できるスペースを設けると便利でしょう。
別の場所に取りに行く手間を省けるというのが理想ですよね。

□壁にも収納できる

今では壁に取り付けるタイプの収納家具が多くあります。
そのため、来客が立ち入らない場所の近くにモノを置いていない壁があれば、このような家具を使ってみるとスペースを有効活用することができます。

以上、スペースを有効活用する快適な家事動線と収納のポイントについてご紹介いたしました。
これから新しく家を建てることをお考えの方は、今回の内容を参考にしてみてはいかがでしょうか。
無垢材の家なら、エイ・ワン株式会社にご相談ください。

建築事例