無垢材の家は健康にいい!?無垢材の効果とは

「無垢材の家は健康にいいって本当?」
と、健康住宅と呼ばれる無垢材を多く用いた住宅の効果について気になっている方は多いのではないでしょうか。

無垢材とは、合板や集成材ではない丸太から切り出した木材のことを言います。
その特徴は、やはり自然素材である木の本来の性質による効果を感じられることです。

では、無垢材には具体的にどのような効果があるのでしょうか。
今回は、「無垢材の効果、健康とのつながり」についてご紹介いたします。

□無垢材の家に住むと健康?

無垢材の家には、あらゆる意味において健康に繋がる効果があります。
無垢材を使った家の内装は、ログハウスのようなものであり、これには化学物質を含む素材が用いられていません。
そのため、アレルギーやシックハウス症候群になることはなく、身体に健康であると言えます。

また、無垢材を使用した建物はきちんとメンテナンスすると、長持ちさせることが可能です。
つくっては壊す住宅に比べると環境への配慮がされているため、これは環境の健康とも理解できます。

このように、無垢材を使用した住宅はあらゆる意味において健康のためになると言えるのです。
では、無垢材は他にどのような特徴があるのでしょうか。

□エアコンを使わなくても快適

天然の無垢材には、断熱性、調湿性があります。
その断熱性は、コンクリートの約12倍であるとされ、部屋の中を夏は涼しく、冬は暖かく保つことができます。
そのため、エアコンの使用頻度が減り、経済的にも環境的にも良いのです。

また、無垢材は呼吸をしているため、自然に湿度を調整してくれる効果もあります。
無垢材の家に住むと快適であるというのは、このような無垢材の自然の働きによるものであるということですね。

□フィトンチッドでリラックス効果

森林浴にはリラックス効果がありますよね。
それはフィトンチッドと呼ばれる成分が原因なのです。

無垢材に囲まれた家に住むと、無垢材がこのフィトンチッドを発するため、部屋の中にいる人たちは、リラックス効果を感じることができます。
過ごしているだけで森林浴をしている気分になれるというのは、大きな魅力の一つでしょう。

以上、無垢材の効果、健康とのつながりについて紹介いたしました。
健康とは身体の健康だけではなくあらゆる意味を持つということや、無垢材の性質についてお分かりいただけたのではないでしょうか。
快適な暮らしを実現するために、無垢材を取り入れたお家に住んでみるといいかもしれませんね。

木の家に住むなら、エイ・ワン株式会社にぜひ一度ご相談ください。

建築事例