ローコスト住宅でも高性能!重要なのはメーカー選び

「ローコストで高性能な住宅は建てられる?」
と、これから注文住宅を建てることをお考えの方の中で、ローコスト住宅の性能について気になっている方は多いのではないでしょうか。

ローコストと聞くと、その質が問われますが、実はローコスト住宅は費用を抑えながらも、十分な機能を備えているのです。
しかし、そのような住宅を実際に建てるには、少し注意する点があります。

そこで今回は、「ローコスト住宅の性能、正しいメーカー選びの重要性」についてご紹介いたします。

□ローコストでも十分な耐震性

住宅の性能について考える時に、まず押さえておきたいのは「耐震性」ですよね。
せっかく建てた家が少々の地震で壊れてしまったり、地震による被害から身を守れなかったりするのは、避けたいものです。

しかし、ローコスト住宅でも、耐震等級(住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく評価方法基準)をしっかり満たしておけば十分な耐震性を備えることができます。
耐震等級の一番低いレベルである1でも、震度6強から7程度の地震で倒壊や崩壊しないようにつくられているため、安心して住むことができますね。

□省エネもできる

ローコスト住宅でも、断熱・気密・換気といった省エネ性能に関する工事をしっかり行うことができます。
業者によっては、最初に提示された工事費用の金額では住宅に充分な機能を備えさせることができないようにして、オプションによる追加工事が必要になることもあります。

そのため、満足のできる家づくりを可能にするには、まずは施工をお願いする業者・メーカー選びが肝心なのです。
では、何を基準にメーカーの善し悪しを判断すればいいのでしょうか。

□悪徳業者には注意

以下を満たす業者の場合、悪徳業者であるかもしれないため、注意しましょう。

*契約を急がせる

契約を急がせるという行為は、親切な対応であるとは言えませんよね。
優良な業者なら、十分な相談の末、お客様が納得してから契約の手続きに進みます。

*情報を出さない

こだわりを持って家づくりをするなら、細かい要望や相談をしたいものですよね。
このときに、情報を教えてくれない場合は、何か隠しているかもしれません。
施工に不備があることに後から気づくことを避けるためには、相談のしやすい信頼できる業者に任せるべきでしょう。

以上、ローコスト住宅の性能、正しいメーカー選びの重要性についてご紹介しました。
ローコスト住宅であるからといって、質の悪い住宅であるわけではありません。
業者選びをしっかりと行い、自分が満足できる家を相談しながらつくっていくのが理想ですよね。

ローコスト住宅に興味のある方は、エイ・ワン株式会社にぜひ一度ご連絡ください。

建築事例