頭金なしで住宅ローンは借りる時の注意点|新築における資金計画の立て方

「予期せぬタイミングで素敵な新築物件に出会ってしまった」
「今すぐ新築住宅を建てたいけれど、十分な頭金が貯まっていない」
新築住宅を建てることをお考えの方の中には、家の購入費のうち、最初に現金で支払う「頭金」が十分に貯まっていない…と嘆いている方も多くいらっしゃるでしょう。

今回は、「今すぐマイホームを建てたいけれど、住宅ローンで100%融資を利用することは可能なの?」といった疑問をお持ちの方に向けて、頭金なしで住宅ローンを借りる際の注意点をご紹介します。

■頭金なしでも住宅ローンは借りられる?

家を購入することになった場合、一般的に家の価格の2割以上の頭金を用意した方が良いと言われています。これは、頭金が多ければ多いほど住宅ローンの借入額が少なくて済むので、後々の住宅ローン返済の負担が減るからです。

しかしそうは言っても、「お金は貯まっていないけれど、今新築住宅を購入したい」とお考えの方もいらっしゃることでしょう。
では、もし頭金を用意することができなければ、住宅ローンを組むことは不可能なのでしょうか?

答えは「ノー」です。
たとえ頭金が0でも、住宅ローンの借り入れを行うことができます。

ただし、借り入れを行う人の年収や勤続年数、家族構成、これまでの借り入れの実績等で融資の審査が通る場合と通らない場合があるので、頭金なしで「絶対に」住宅ローンの借り入れが可能とは言い切れません。

しかし、大抵の方は頭金なしでも融資が受けられるので、ひとまず銀行に仮審査を出してみることをおすすめします。

■頭金なしで住宅ローンの借り入れを行う時の注意点

先程、頭金が0でも融資を受けられる可能性が高いということを述べましたが、ここでは頭金なしで住宅ローンの借り入れを行う際に注意すべき点についてご説明します。

・「入居費用」と「生活予備費」は残しておく

住宅の購入に当たっては、住宅資金のことだけを考えておけば良いというわけではありません。いくら住宅ローンの融資を受けて新築住宅を購入できたからと言って、貯蓄が少なければ、ローン返済と生活費に苦しむことになります。

したがって、頭金なしで住宅ローンの借り入れを行った際には、引っ越し代などの「入居費用」や、病気・怪我などに備えた「生活予備費」を確保しておくようにしましょう。

・住宅購入後、返済と並行して貯蓄に励み、早い時期から繰り上げ返済をする

お子さんがいらっしゃる家庭では、日々の生活費の他に、お子さんの小中高・大学の入学費や学費などの教育費が必要になってきます。特に、大学の学費は高額なことが多いので、お子さんが成長してから貯蓄を始めるのでは手遅れになってしまいます。

また、お子さんの教育費だけでなく、不測の事態に備えた保険料や、ご自身の老後の資金など、将来必要になるお金は様々でしょう。
ですので、家を購入してから、早い段階で返済・貯蓄を行うように心がけましょう。

今回は、頭金なしで住宅ローンの融資を受けることができるのか、またその時の注意点についてご紹介しました。
将来の資金計画をしっかりと立てて、住宅ローンの融資に踏み切るようにしてくださいね。