自然素材の家づくりで後悔しないためのポイント2つ

「自然素材をふんだんに使った家づくりがしたい!」
「アレルギーの子どものために、自然素材の家に引っ越したい!」

自然素材の家といえば、健康に気を遣った、化学物質によるアレルギーが起こりにくい家というイメージがあることでしょう。もちろん化学物質をほとんど使わない素材こそが自然素材なので、化学物質が理由でアレルギー反応を起こしている方にとっては、優れた家となります。

しかし、あなたのお子様の症状は、本当に化学物質が原因なのでしょうか?今回は自然素材の家づくりの際に後悔しないために行いたいことを2つ紹介します。

■化学物質がアレルギーの原因でないこともある

もし家にいるときに極端にのどや目が痒くなる、くしゃみや咳が止まらないといった症状が出るのであれば、家に何かしらのアレルゲンが発生していると思って間違いないでしょう。

その際すぐに、家の建材として使われている化学物質を疑うのではなく、他にも様々な原因が家には存在していることを知っておきましょう。化学物質は建材から排出されているのみではなく、石油ストーブやガスストーブ、たばこの煙にも含まれています。

また、ハウスダストやカビ、ダニが原因という場合もあります。ハウスダストがアレルゲンだと判明した場合は、カーテンを障子にし、畳はやめて全て無垢の床材を使えば、埃が舞いません。

また、カビ、ダニが原因という場合も、湿気がたまりやすい水場廻りに無垢の壁材を使えば、無垢の調湿性がカビ、ダニの発生を抑制してくれるでしょう。そして、換気をしっかり行うことも大切です。

■自然素材自体がアレルギーという場合もある

「子供がアレルギーだから、自然素材を使っておけば安心!」と安易に考えてはいけません。使用した自然素材自体がアレルゲンだという場合もあるからです。自然素材本来の臭いによってアレルギーが生じてしまったり、自然素材だからこそカビや害虫が発生することもあります。それぞれの自然素材のメリット・デメリットを把握するようにしましょう。

また、家を建て終わってから使った自然素材がアレルゲンだったと判明してしまうと、きっと後悔されることでしょう。自然素材を選ぶ際には材料サンプルや既に建っている自然素材の家に触れ、アレルギー反応が出ないかどうかを確かめることが重要です。

また、自然素材の良さを生かすために、家のメンテナンスも定期的に行うようにしましょう。

今回は自然素材の家づくりで後悔しないために行っていただきたいことを、2つ紹介しました。弊社ではコスト削減のためにモデルルームは設置しておりません。しかし、その代わりに既に弊社で家を建てられた施主様のお宅へお連れいたします。サンプルだけではわからない自然素材のこともご理解いただけるのではないでしょうか。

後悔しない家づくりのために、ぜひ一度弊社で、自然素材の家をご覧になってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA