自然素材のメリットを理解して健康な注文住宅を建てましょう

「自然素材を使った注文住宅を建てたい!」
「旦那にも納得してもらえるように、自然素材のメリットが知りたいなぁ。」

自然素材をふんだんに使用した、お子様や自身の健康のためになるような家を建てたいとお考えなのではないでしょうか。自然素材のメリットを正しく理解して、旦那さんにも自然素材の注文住宅をいいと思ってもらいましょう!

素材のぬくもりや柔らかい質感を肌で感じられる他にも、実用的なメリットがたくさんあるのです!

■自然素材のメリットとは?

自然素材として一番有名なのは、木ではないでしょうか。ログハウスや内装が全て木でできている
家屋は、見た目からぬくもりが感じられて、素敵ですよね。そんな木材ですが、温かみを感じる他にもメリットが3つあります。

・快適性
1つ目は、快適性に優れているところです。木は木材になっても、呼吸をし続けています。木には調湿効果があり、湿度を調節し一定に保ってくれます。湿度が高過ぎればカビやダニが発生する原因になります。

また、湿度が低すぎてもいけません。低湿度の環境下では、インフルエンザウイルスの発生率が高まりますし、喉や鼻の乾燥にも繋がります。湿度が高すぎる時には湿気を逃して、湿度が低すぎる時には湿気を吸って、自ずと調湿を行う木材は、家づくりにピッタリです。

・脱臭、消臭効果
木は脱臭、消臭効果にも優れています。森林浴に癒しの効果があるのは、よく知られている通りです。森林に入ると、普段吸っている空気とはなんだか違うような、清々しい気持ちになりませんか?

これはマイナスイオンなども原因ですが、木が微生物や害虫から身を守るために発している、フィトンチッドも関係しています。森林には動物の死骸や排泄物も多く残されていますが、あまりそのような匂いはしませんよね。

それも、フィトンチッドのお陰です。フィトンチッドは脱臭、消臭効果があり、抗菌効果も高いのです。

木材を使用すれば、このフィトンチッドも発生します。そのため、自然素材の家なら、生活臭を取り除いてキレイな空気を保ってくれるでしょう。

・耐震性
どれだけ木材が素晴らしいといっても、木造住宅だと耐震性が心配という方もいらっしゃるのではないでしょうか。木よりも強度の高い鉄やコンクリートの方が、地震がきた時も安心、といった感じがしますよね。

確かに、単純に圧をかければ鉄やコンクリートの方が強度が高いかもしれません。しかし、大地震がきた場合、家の倒壊は柱や梁の結合部分が外れてしまって起こることがほとんどです。

また、地震が建物を揺らす力は、建物の重量に比例しています。つまり、建物が重ければ重いほど、地震でよく揺れる建物になってしまうのです。同規模の大きさの建物の場合、一番重量の軽い木造住宅が一番揺れが少なく、被害も軽いと言えるでしょう。

今回は自然素材のメリットについて紹介しました。もちろんコンクリートや鉄にもいいところはあるので、建材は何を使いたいか、夫婦でよく相談してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA