注文住宅をご検討中の方必見!家事動線の考え方とは

注文住宅は設計の段階からご自身も関わることになりますので、様々なことをお考えになると思いますが、家の中での作業のしやすさも見逃せない点の1つですよね。

家の中での作業でいうと、特に家事動線が重要です。どのように考えると無駄のない動きの住宅になるかを、料理と洗濯の場面を例に挙げてお話しします。

◎料理のしやすさはキッチンある3つのものの配置で決まる!

料理をする場面を考えてみましょう。
無駄のない家事動線を考える上でポイントになるものは、冷蔵庫とガスコンロや電子レンジとシンクの3つです。

これらは、料理をするうえでよく立ち寄る場所であり、そこの間の行き来をいかにスムーズに行えるかで料理のしやすさが決まってきます。

離れた過ぎていると、動きに無駄が生じて疲れてしまいますが、近くても窮屈な動きを強いられることになり、皿や調理器具などを置く場所もあまり確保できない危険性も出てくることもあります。

使いやすい目安としては、冷蔵庫とコンロや電子レンジとの距離が120~270cm、シンクと冷蔵庫との間の距離が120~210cm、コンロや電子レンジとシンクとの距離が120~180cmで、これらの距離の合計が5メートルほどになるとちょうどよいとされています。

ただ、「子供や旦那と料理をするつもりなので広めに場所を取りたい」、「狭くても構わないのでできるだけ動きたくない」など、ご自身の希望もあるかと思いますので、参考程度に考えておくのが良いでしょう。

◎洗濯を意識した動線の考え方

洗濯物が出るのは浴室に入るときに着替えをするからということで、脱衣所に洗濯機が設置されるのはよくあることだと思います。
でも洗濯はそこで終わるわけではありませんよね。

洗ったものはどこに干しますか?外ということもあれば冬場や花粉の季節は屋内ということもあるでしょう。
洗濯できたは良いものの、濡れた重い物を毎日のように持ち、干すために廊下を通っていくつかの部屋を抜けて干し場に行く、ということを考えるとなかなか憂鬱なことではないでしょうか。

ここに住宅の間取りを考えるヒントがあります。
外に干すことを考えると、なるべく外に出やすい場所に洗濯機を、つまり浴室を設置する方が良いと考えられます。

また、脱衣所と部屋干しができる部屋がつながっていれば、部屋干しするときも最低限の動きに抑えることができます。

◎最後に

今回は、家事動線の考え方を料理と洗濯を例にご紹介いたしました。住宅の間取りを考える際には是非ご参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA