注文住宅をお考えの方注目!自然素材の効果をご存知ですか?

注文住宅を建てる際には、その素材もお客様の好きなものを選ぶことができます。
素材と言っても様々なものがあるため、「どんな素材にしたら良いのだろう?」とお悩みになる方もいらっしゃるかもしれません。
その場合におすすめしたいのが「自然素材」です。

自然界にあるものをそのまま使用する、複数のものを組み合わせるなどして多少加工するといった違いはあるものの、自然にあるものを豊富に利用した住宅には嬉しい効果が多くあります。

今回はそんな自然素材の効果の中からいくつか紹介していきます。

○室内の湿度を保つ効果

「夏のジメジメが耐えられない」
「冬の乾燥が何とかならないものか」
このような悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

夏に気温とともに湿度が上がり、冬に一部の地域を除いて低温乾燥となるこの国においては、いかにして、この気候の大きな変動に対応できるかが住宅においても課題となっています。

特に、湿度においては何とかしたいものですよね。
最近は加湿器や除湿器もあるほか、空調設備の発達によって湿度の調節ができるようになってきてはいますが、電気代はなるべく無駄にはしたくないですよね。
そこで有効なのが、自然に由来するものを住宅の材料として使うことです。

特に木は周りの環境の湿度を一定に保とうとする性質があるため、湿度の高い時には湿気を取り込み、逆に湿度の低い時には湿気を放出します。
この機能によって、住宅内部の湿度の変化を抑えることが期待できます。

多湿の時に心配なカビの発生や、乾燥の時に活発になりやすいウイルスや風邪のもとの繁殖が行われにくい住宅環境を作ることが可能なのです。

○有害な物質を空気中にとどめない

ご自身またはご家族がアレルギー悩まれているということもあるかもしれません。

最近になって住宅環境におけるアレルギーが話題になってきていますが、原因としては気密性の増大や冷暖房設備の普及および使用されているからだと考えられています。

特に、最近住宅によく使われている素材や接着剤や塗料には化学物質が含まれていることも多く、放出されたあとに先述した気密性によって住宅空間中に留まりやすいことで、空気を吸い込むと同時に取り込んで体内に入ってきやすくなります。

自然素材は、このような化学物質を含んでいません。そのため、身体に優しい素材を言えるでしょう。

また吸着性のある素材の中には、空気に漂っている有害物質を取り込んで分解するものもあります。
住宅に使われている自然素材が、有害な物質が浮遊し続けるのを防ぎ、部屋の空気を清潔にしてくれるのは魅力的ですよね。

◎最後に

今回は、自然素材の効果として、湿度を調節するということと有害な物質を取り込むことをあげました。他にも様々な魅力がある注文住宅をお考えの際には、自然素材を使った家づくりを一度検討されてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA