注文住宅の無駄をなくしたい!何が無駄?どこが無駄?

「注文住宅って、高額なところばかり!」
「無駄を省いて高品質・低価格な注文住宅が建てたい!」

注文住宅といえば、高額なイメージがあるのではないでしょうか。弊社は高品質・低価格の注文住宅を目指しています。それには弊社独特の家づくりに対する考え方があります。

今回は、弊社の家づくりに対する考えをご紹介します。注文住宅における無駄とは、一体何なのでしょうか?

■空間のゆとりは実は無駄?

弊社は住宅にゆとりを持たせません。それではゆとりのない生活になってしまいそう、と思いましたか?果たしてそうでしょうか?弊社では、お客様の「心」や「家計」の中にこそ、ゆとりが必要だと考えています。

家の中にゆとりがあるよりも、心や家計にゆとりがある方が、余裕のある生活を送ることができるでしょう。そのため、必要の無いスペースは省いています。必要の無いスペースを省くことで、建築コストを抑えて、心と家計にゆとりを得られるのです。

■人があまりいない場所はデッドスペースに?

早い時期に住宅ローンから解放されることで、心と家計のゆとりに繋がります。必要の無いスペースとは、常時人のいない場所、例えば玄関などですね。必要最低限のスペースをベースに考えます。

■シンプルなのに個性的なら無駄がない

また、デザインや素材も出来るだけシンプルにしています。しかし、せっかくの夢のマイホーム。個性のない家では、面白く無いですよね。弊社のキュートなら、内装は無垢張りで、外装に個性を出せます。素材もデザインもシンプルながら、あなたらしい家を建てることが可能です。

■必要のない壁があるかも?

弊社では、シンプルでコンパクトな、心と家計にゆとりのある家を目指しています。しかし、コンパクトだからと言って狭く感じてしまう家では、家に帰ってきても落ち着かず、心にゆとりを持てないですよね。間仕切り壁も出来るだけ省いて、空間を最大限に使えるようにしています。

■壁がなければ無駄もない!?

生活スタイルはお子様の成長や両親の老化、時間の経過によって、これからも変化し続けるものです。中途半端な間仕切り壁があると、空間を最大限活用できないだけではなく、生活スタイルの変化にも対応できないでしょう。

間仕切り壁ではなく、家具や布といった移動させられるものを使って生活スペースを区切ることで、また一つ無駄を省けます。

■スペースの徹底利用がミソ

また、天井裏にもたくさんのスペースがあります。活用しないわけにはいきません。出来るだけ家の中の空間を確保することで、家を広く感じられます。また、建物全体の高さも抑えられるので、コストダウンにも繋がります。

今回は弊社が注文住宅において無駄だと考えている事柄について紹介しました。

他にも住宅会社がよく建てているモデルルームの建築費、維持費。実は施主様が負担することになっているのです。弊社ではモデルルームは建てずに、既に弊社で家を建てた施主様のお宅にお連れして、内覧をしていただいています。弊社が建てた家に満足いただいているからこそ、内覧に協力してくださっています。

あなたも心と家計にゆとりのある、マイホームでの生活を始めませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA