注文住宅の無駄をなくしたい!よく無駄にしがちな場所は意外なあそこだった

注文住宅をお考えの方にお伝えしたいことがあります。「本当に必要なものだけで注文住宅を作れていますか?」

注文住宅を作る際には、初めにはまっさらな状態から作るため、色々な機能やスペースを付け足しがちです。

しかし、あまりに多くのオプションを付けると、結局使わなかったのに、予算や家の中のスペースを無駄にしただけだったということになりかねません。

今回は、そんな注文住宅においての無駄をなくすために、気を付けていただきたいことをお伝えします。

・無駄な収納場所

注文住宅で最も無駄になりやすいのがスペースです。

特に、収納においてはここにも、あそこにもとどんどん収納場所を増やしていくうちに何が何だか分からなくなったり、必要以上に増やしてしまったということになりかねません。

収納スペースを過大にとる前に、ご自分の今の収納状況を見直すことをお勧めします。まず、現状どれくらいのものをどのようにしまっているかをしっかり把握されたうえで、必要最低限の収納スペースはどれくらいかを考えてみてください。

また、いらなくなった服は売る、捨てるなど、収納に代替する手段を考えたり、収納方法自体を工夫することで収納スペースが今よりもいらなくなるかもしれません。

簡単にご自分を振り返るだけで、スペースや収納場所を作るための工事費を節約することができるかもしれません。

・無駄な二階

次に無駄になりやすいのは、二階(あるいはそれ以上の階)です。

家の中での階段移動は、日頃の小さな負担です。また、年齢を重ねて、どんどん上るのがしんどくなった結果、二階がただの荷物置きになってしまう可能性もあります。そうなってしまっては、想像していた二階の使い方と違いますよね。

実はなんとなく二階建てにしているその部分は必要ないかもしれません。また、二階を作るのには実はそれなりのお金がかかります。

ご自身やその家族の日頃の暮らしを想定したうえで、必要最低限のところから家づくりを考えてみてはいかがでしょうか。

注文住宅を作る際にどういったところが無駄になりうるか想像していただけましたでしょうか。

注文住宅づくりにおいて無駄を省くことは、その無駄だった部分の工事費を抑えること、また、スペースを節約して土地代から抑えることにもつながり、リーズナブルで満足のいく注文住宅づくりに直結します。

ぜひ一度普段の生活から、最低限必要な住宅環境はなにか、住宅づくりにおいて省ける無駄はないかということを考えてみてください。