注文住宅なら、自然素材を使おう!化学物質の健康に対する悪影響

「注文住宅を検討している!」
「やっぱり健康のためにも、自然素材を使った家にしようかなぁ。」

健康のことを考えれば、自然素材を使った家の方がいいのは、何となく分かりますよね。

しかし、化学物質がどのような症状を引き起こし、どのような悪影響があるのかは、分かりづらいのではないでしょうか。今回は化学物質の悪影響について紹介します。

■化学物質が引き起こす症状とは?

新築のお家では、シックハウス症候群の問題が起こる可能性があります。シックハウス症候群とは、家に使われている素材や住宅の高気密化が進むに従って起こる、健康への影響です。建材などから発生する室内空気汚染も指摘されています。

症状として目がチカチカする、鼻水、喉の乾燥、吐き気、頭痛、湿疹などがありますが、その症状は人それぞれです。まだ抵抗力があまりない小さいお子様や、家にいる時間が比較的長い専業主婦の方は、シックハウス症候群になりやすい傾向があります。

シックハウス症候群は、どうして起こるのでしょうか?先ほども紹介したように、建材や住宅の高気密化が原因なのですが、その中でも、厚生労働省と建設省が選定している化学物質に特に要因があります。次はその化学物質の悪影響について紹介します。

■シックハウス症候群を引き起こす化学物質

では一体、どのような化学物質がシックハウス症候群を引き起こしているのでしょうか?シックハウス症候群の原因として最も有名な有機化合物が、ホルムアルデヒドです。

建材の接着剤、塗料、防腐剤に利用されています。ホルマリンはご存知でしょうか?生物の組織標本を作成するための固定や防腐処理に使われる、有害の液体です。実はホルマリンはホルムアルデヒドの水溶液なのです。

このことからも、ホルムアルデヒドの有害性はお分かりいただけることでしょう。

ホルムアルデヒドは「かすかな臭気を感じる」程度の量であっても、人体に影響があると言われています。塗料や接着剤に使われているホルムアルデヒドの量は人体に影響がない程度にまで薄められていることがほとんどです。

しかし、ホムデアルデヒド入りの接着剤や塗料がたくさん使われている家に住み続けてしまうと、ホルムアルデヒドの影響を受けてシックハウス症候群に陥ってしまうこともあります。また、結膜炎、咽頭炎、皮膚炎になる可能性もあります。

シックハウス症候群の対策として一番大切なのは、家の建材を吟味することです。化学物質を出来るだけ使わないようにすることで、シックハウス症候群発症のリスクが抑えられます。

自然素材にこだわった家を建てて、健康に過ごしたいなら、ぜひ弊社にご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA