注文住宅で起こる健康被害とは?予防のために自然素材がおすすめです

注文住宅作りをお考えの方で、健康に対する影響が気になるという方はいらっしゃいませんか?

自分たちの体を雨風から守ってくれる住宅ですが、実はその住宅が原因で健康に被害が及ぶこともあるのです。しっかりと知識を備えて、安全で健康な生活を送ってみませんか。

今回は、住宅の及ぼす健康被害とその予防策、対処法についてお伝えします。

・住宅の及ぼす健康被害

シックハウス症候群という言葉をご存知でしょうか。
シック(病気)ハウス(家)というように、家が原因となって、健康被害が発生するものです。

頭痛や動悸、目が痛くなる、鼻詰まりがするなど、その症状は人や環境によって様々で、その原因には、家づくりの際に使われる化学物質が住宅内の空気を介して人々の粘膜や皮膚に触れることが挙げられます。

長年住む家が原因で病気になりたくはありませんよね、また、一度住んだ家がシックハウスだとわかったら、その原因をなくすためには多額の資金が必要になります。

ではどうすれば住宅がシックハウスになるのを防ぐことができるのでしょうか。

・予防策としての自然素材

シックハウス症候群は住宅に使われる化学物質によって発生します。そのため、できるだけ自然素材を使った住宅づくりをすることが予防策として挙げられます。

住宅づくりの自然素材というと、真っ先に挙がるのが木です。木には保温効果や、調湿効果など、機能として優れた部分が多くあるのに加えて、そのぬくもりやデザイン性などといった点からも評価が高いものです。

そのような木を使って家づくりをすることがシックハウス症候群の予防策になります。住宅づくりの際に、自然素材をできるだけ使ったものにすることが、健康な住宅環境の構築につながるかもしれません。

・対処法としての換気

完全に化学物質を使わない家づくりは非常に難しいものです。そのため、お住まいになってから気を付けたいことは換気です。

空気を通して化学物質が人に到達するため、定期的に換気をすれば、シックハウス症候群を防ぐことができます。夏場冬場は気が進まないかもしれませんが、健康のためにも定期的な換気をお勧めします。

住宅での健康を守るために、少しでも参考になったでしょうか。注文住宅づくりをお考えの方には、是非自然素材を使った家づくりをお勧めします。

エイワン株式会社では、お客様の健康なお住まいづくりを全力でお手伝いさせていただきます。自然素材を使った家づくりに自信がありますので、ぜひ一度お気軽にご相談ください。