注文住宅で自然素材を使うことで健康に良い暮らしを実現!

「自分たちの力で家を作ってみたい!」
「少しは健康も考慮した住宅に住んでみたい」

といった自分だけの住宅が欲しいとお考えの方も多いかもしれません。

住宅は天候の変化から私たちを守ってくれるためにあります。

最近では、化学物質を素材に使用した住宅も増え人によってはその素材が原因でアトピー性皮膚炎に悩まされたり、シックハウス症候群になってしまったりする方もいらっしゃいます。

そんな中で天候だけでなく、自分たち健康も守ってくれるような住宅が必要となってきました。

そこで今回は、私たちの健康にも良い自然素材を使用することによる注文住宅についてお話したいと思います。

◆そもそも自然素材とはどんなもの?

自然素材を使用した家と聞いても日本家屋を想像されるかもしれません。

自然素材を使用した家は木材だけを使用した住宅というわけではなく、天然の木や堆積岩を使用して住宅を建てることを意味しています。

近年では、住宅を建てるにはビニールクロスやベニヤ板のフローリングといった化学薬品を含んだ素材を使われていることが多いですが、こういった物の代わりに天然素材を使用することを意味しています。

天然素材でよく知られているのが、床ならば杉やヒノキといった無垢材や壁ならば珪藻土や漆喰塗り壁は、みなさんがよく知っている自然素材かもしれません。

◆自然素材を使用することでどんな効果があるのか?

自然素材を使用した住宅では、近年では悩まされている方も多いシックハウス症候群やアトピー性皮膚炎にも効果的だと言われています。

自然素材を使用することで、化学素材を使用している家よりも体に悪影響を及ぼす可能性がある物質が少ないので健康の面を配慮するのにはいいかもしれません。

また、自然素材を使用することでリラックス効果もあり精神的な部分での健康も助けてくれるのでストレスを感じることの多い現代社会においてはいいのかもしれません。

◆ここまでのまとめ

ここまで、自然素材を使用した注文住宅についてお話ししてきました。

化学素材を使用した家よりも自然素材を使用した家は、化学物質が空気中を漂い呼吸ととみに体の中に取り込む可能性は低いです。

また、木のリラックス効果で精神的にも健康を維持していくこともできます。
健康に気を使った家づくりをしたい場合には、ピッタリかもしれません。

弊社では、無垢材などの自然素材をふんだんに使用した自然素材の家を、ローコストでご提供しています。気になる方はぜひお問い合わせください。