注文住宅で無駄をなくしたい方へ!まずはこれを試してみよう

みなさんも自分だけのマイホームを持ちたいというお考えの方が多いと思います。

特に、自分だけの住宅となると注文住宅で自分好みの住宅を建てたいとお考えでいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、自分好みの住宅を建てたけれども、自分の好みだけを追求し過ぎて住みづらい住宅になってしまっては元も子もありません。

せっかく家を建てるのですから、自分の好みを追求しながら、住みやすい住宅にしたいですよね。
住みやすい住宅にするには、無駄を省くポイントをいくつか抑えるだけで住みやすさは変わってきます。

そこで今回は、住みやすい住宅にするために知っておくべきポイントについてお話ししたいと思います。

◆家事動線を考えた部屋の配置で無駄を省く

生活していく上で、家事をやらないという選択肢はないと思います。

しかし、家事は家族で分担して行っていくとしてもほぼ毎日行うことになるので負担を減らせるに越したことはありません。

家事動線を考えるポイントとしては洗濯、料理、掃除をする際の流れを考えた間取りにすることが大切です。

例えば、洗濯物を洗濯してから洗濯物を干すまでを家事動線で考えると、脱衣所で服を脱ぎ、脱衣と共に洗濯することができるように脱衣所に洗濯機を配置して、脱衣所はすぐに洗濯物を干せるように庭や部屋干しができる部屋に繋がっているように部屋を配置するなど、家事をおこなう際の一連の流れを考えた上で部屋の配置をする必要があります。

◆収納スペースは賢く確保するべき

注文住宅を建ててから不便だと感じることの1つは、収納スペースが邪魔になるということです。

日頃は、使わないけれども残しておきたい思い出の品や季節ものの衣類などを保存しておくために必要なのは事実です。

しかし、なんでもかんでも収納スペースが必要かと言われると、キッチンなどの高いところの収納は、取り出しにくく使わなくなる可能性や床下の収納スペースも取り出しが面倒になり使わない可能性があります。

ですので、その収納スペースは本当に使用するのかしっかりと考えて確保するようにしましょう。

◆ここまでのまとめ

ここまで、住みやすい住宅にするポイントについてお話ししてきました。

家事動線を考える際には、家事をする時にどのような順番でやるのか実際の動きや流れを考えて部屋の配置をするといいでしょう。

また、収納スペースも同じように便利だからといって確保するのではなく、使用する時のことを考えてましょう。

こういったことをやっていくことで家の無駄を省き、家をより住みやすい住宅にしていきましょう。