注文住宅で無駄をなくしたいとお考えの方に!

これから新築を建てようと思っている方には、無駄のない家を建てたい方もいるのではないでしょうか。無駄をなくして、最善の家を購入することは、とても素晴らしいことですよね。
今回は無駄をなくした、シンプルな家をご紹介していきます。

【そもそも無駄って?】

無駄な家とはどのような家でしょう。
使わないスペースがあったり、日当たりの良くない部屋になったり、オシャレな家を意識しすぎてしまった故に家事動線がややこしかったりすると、何だか住みにくい家ということになります。

【二階は必要?】

生活をする上でどのように時間を過ごすかを考えることはとても大切です。
つまり生活動線を把握することです。

夫婦共働きで忙しい朝にはどのように二人が動くかを考えるようにしましょう。「洗濯物の収納スペースが干している所から遠い」、または「濡れた洗濯物を干すために二階のベランダまで運ばなければならず大変!」など洗濯物だけでもかなり考えなければなりません。

では、どうすれば家事動線が短くできるのでしょうか。

それは、水回りを一か所にまとめることと、平屋の家にすることです。平屋は、生活動線が短くなり、普段の生活が楽になるだけでなく、階段がないので長い将来も安心して住むことができます。

二階は必要ないと感じられる方は、思い切って平屋にすることも一つの手段です。平屋は、熱を逃がしにくく良い面もたくさんあります。また、コストの面でも低くなるのでお勧めです。

【吹き抜けは必要?】

吹き抜けってとてもオシャレに見えますよね。しかし、吹き抜けはメリットもあればデメリットもあります。
メリットとしては、解放感があり、声が通るので、二階にいる人にすぐに声がかけられるなどがあげられます。

しかし、デメリットとしては、暖かい空気が上に行ってしまうので、温度が調整しにくいです。

また、天井が高いので、下で話す人の声が上まで聞こえることがあり、たくさんの友人を呼ぶご家庭や、深夜まで大人だけで話すことが多い家庭などは、お子さんや上で寝ている人の寝室まで声が響き渡ることもあります。

このように一つひとつ考えていくと、本当に必要なことか、無駄ではないかなどを吟味していくことは重要です。良いモデルになる住宅を見ると、「以外にこれでもいいのか」と考えが変わることがあります。

ご自身やご家族の生活を想像して注文住宅を設計するようにしましょう。
幸せな暮らしが新築で送れることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA