注文住宅で無駄をなくしたい、おすすめの方法を紹介します!

「なるべく無駄のないつくりにしたい」
注文住宅の設計をお考えになるときにはこのような思いをお持ちになるのではないでしょうか?

注文受託ならばせっかくご自身で細部まで考えることができるのですから、工夫を凝らした家づくりをしたいですよね。

今回は、費用と空間の無駄を削減する方法について、具体的にお話しいたします。

◎水回りを集約させる・水回りからつながる場所を近くに配置する

家の中には水を使う部屋がいくつかありますよね。
キッチン・トイレ・バス・洗面・洗濯機などが思い浮かぶと思います。

「洗濯機を使うのは脱いだ服を入れる時だから、風呂場の隣だと便利だな」ということは考えるかもしれませんが、他の水回りに関してそれぞれで連続して使うということが特にあるわけではないため、どのように配置するかというのを意識しないかもしれません。

しかしながら、無駄をなくすという点においては2つの工夫が考えられます。

1つ目は、洗濯をした後のことを考えることです。
洗濯物は水を含んで重いので、庭やベランダなどの干す場所に近いところに洗濯機を設置すると便利ですよね。

部屋干しの季節があることを考えますと、脱衣所の近くにそのための部屋を作っておくと、選択物干しの負担も大きく軽減できるでしょう。

2つ目は、給排水管の設備の長さをなるべく減らすということです。そのためには水回りを近い位置に集中させることが重要です。
費用の節約が見込めるだけでなく、空いた間を他のことに利用できますのでお勧めです。

また、最近は1階と2階の両方にトイレを設置した住宅も人気ですが、トイレを1つ設置するのにも15万円程がかかりますし、当然配管は長くなってしまいます。

費用の削減と空間の無駄の解消の点から考えますと、従来通りに1階まで行くことを苦としないのであれば設置しないことを選ぶ価値は十分にあるでしょう。

◎階数を少なくし、空間を有効活用

注文住宅においては、多くの方が2階建てや3階建てにすることを考えていらっしゃるのではないでしょうか。

しかしながら、平屋建てにすることで費用の面でも空間の面でも無駄を省くことができることもあります。
最大のポイントは階段がないことです。

階段に必要な床面積の分だけ他の用途に使えますし、上への動きがない分スムーズになります。また場合によっては家全体の表面積が抑えられますので、費用面でも効果があるのです。

無駄をなくすという観点では、平屋建ても一度検討されることをお勧めいたします。

◎最後に

今回は、注文住宅における無駄をなくす工夫として、水回りの動きと階数の観点でお話いたしました。他の場所においても工夫を施して無駄なない住宅づくりを実現しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA