注文住宅で家事をとても楽にする家事動線の考え方

注文住宅を建てるときには、生活動線のほかに家事動線を考えることは重要ですよね。共働きのご夫婦なら尚更、家事を楽に済ませたいと思っていらっしゃる方も多いと思います。家事は、とても大変な仕事です。

何気なく過ごすお家でも楽しく快適な暮らしができたらいいですよね。
今回は家事動線がどのようにすれば短くなるのかをご紹介していきます。

【洗濯・物干し】

洗濯は家事の中でも大変な仕事の一つです。家族全員の洗濯物を回すわけですから、とてもたくさんの量になりますよね。しかもお子さんがクラブ活動などでスポーツをしていたら、汚れた多くの洗濯物を一度に干さなければなりません。このような洗濯物を、楽に干して楽に収納するにはどうすればいいのでしょうか。

それは、やはり「一か所で済ます」ことです。洗濯機の置いてある脱衣所で洗濯を干すことができればとても楽になります。そして、脱衣所に下着などの衣類を収納できるスペースがあれば、お風呂に入る時もとても便利です。

「脱衣所に干すのはちょっと・・・」と思われる方は、一つの部屋を作ることも良い方法です。洗濯機の近くに洗濯物を干したり、アイロンがけができたりする二畳ほどのスペースがあると、とても楽に家事ができますよ。

その部屋に畳を敷いたり、除湿器を置いたりすることで湿気対策にもなります。
また、小さな部屋で子どもが親のお手伝いができて、寛げるスペースにもなります。

また、急な来客がきても、洗濯物や畳んだモノはその部屋に置くだけなので、普段の生活スペースはスッキリします。

【キッチン・掃除】

キッチンは、料理を作っているときにたくさんの動きがあります。高いところのお皿をとったり、お皿を運んだりしますよね。高いところの収納ではなく、低いところに収納できるようにして、高いところから取る負担を減らすようにすると良いでしょう。シンクとテーブルを近くにすることも工夫の一つです。

また、掃除を楽にするために足元に段差を作らないのも良いでしょう。レールがないことも掃除を楽にする工夫です。軽い力で開閉できるものであれば、子どもやお年寄りの方も安心して過ごすことができますよ。

【まとめ】

これから末永く住むことになる住宅はやはり、こだわりたいですよね。快適な生活ができるように家事動線も意識して考えたいものです。家事が楽になれば、お子さんとの時間も取れますし、他のことに時間を費やすことができます。お子さんがいらっしゃる方は楽しみながら一緒に家事ができると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA