機能性抜群!?自然素材を使った住宅にするメリットとは

みなさんは、「自然素材を使った健康住宅」についてご存知でしょうか。
健康住宅とは、有害とされる化学物質などの使用を極力避けるなど、シックハウス症候群対策がされ、健康に住めるように工夫が施されている住宅のことです。

この「健康住宅」という言葉の中にある健康とは、単なる身体的健康を意味するだけではなく、住宅自体の健康や住む人の心の健康なども意味し、その言葉には多くの意味が含まれています。

では、この健康住宅にはどのような特徴やメリットがあるのでしょうか。
今回は、「自然素材の健康住宅の特徴・メリット」についてご紹介いたします。

□健康住宅の特徴

*自然素材を使用している

一般的な住宅では、接着剤などの中に有害とされている化学物質が含まれている新素材の材料が使われています。
これがシックハウス症候群の原因となりますが、健康住宅には、このような有害物質を含まない自然素材が使用されています。

直接丸太からカットされた木材である天然無垢材は、調湿性に優れるなど機能性にも富んでいるため、健康住宅の建築の際に欠かせない材料となっています。

*ヒートショックが起こりにくい

一般の住宅にお住いの方は、ご自宅の中で温度差を感じたことはないでしょうか。
リビングは暖かくても、廊下は寒いということは冬場によくあることですが、健康住宅の場合、このような急激な温度変化がないような構造になっています。

そのため、急激な温度変化による人体への悪影響であるヒートショックが起こりにくいのです。

*壁紙ではなく、塗り壁

健康住宅は、塗り壁を使用します。
自然素材である漆喰や珪藻土を使って塗られた壁は、調湿作用・断熱性・保温性に優れているため、一般の住宅に比べ、エアコンを使わなくても快適に過ごしやすくなっています。

□自然素材を使用するメリット

*調湿作用、断熱性などの機能

既に述べたように、自然素材には調湿作用や断熱性に優れているものが多く、夏には涼しく、冬には暖かい空間をつくることが可能です。
常に快適な環境を自然素材が整えてくれるというのは一番のメリットであると言えますよね。

*独特の風合いが楽しめる

自然素材は、長く使っていると変化します。
変化の仕方によってはその素材に独特の風合いが出て、家の雰囲気が一層味わい深いものになるかもしれません。

以上、自然素材の健康住宅の特徴・メリットについて紹介いたしました。
これから家を建てることをお考えの方は、自然素材を用いた家にしてみてはいかがでしょうか。

注文住宅を建てるなら、エイ・ワン株式会社にお任せください。