新築の値段を抑えたい!ローコスト住宅のメリットとは

新築の住宅を建てることをお考えの方で、なるべく値段を抑えた住宅が建てたいとお考えの方はいませんか?

余りに値段を抑えすぎたローコスト住宅だと、安かろう悪かろうで満足のいかない家になるのではないかと考えられる気持ちもわかります。

しかし、しっかりと住まいづくりにおいても取捨選択をすることで、ローコスト住宅でも満足いただける暮らしが実現可能です。

今回は、ローコスト住宅とそのメリットについてお伝えします。

・ローコスト住宅とは

ローコスト住宅とは、様々な方法でコストダウンが図られた1000万円台で買うことができる家のことを指します。

その方法は様々で、会社によっては、人件費の削減や広告費の削減といった経営自体のコストカットから、建材の規格化や工場での大量生産によるコストカットというような生産面でのコストカットなどが挙げられます。

さらに、設計の段階では凹凸のなるべく少ない家にすることや、間取りがオープンなものにすることで複雑な設計を避け、ローコスト住宅を実現することができます。

必ずしも質の悪いものを使っているから安いのではなく、様々な不断の努力によってローコスト住宅は作られています。

・ローコスト住宅のメリット

ローコスト住宅のメリットは何と言ってもその価格にあります。通常3000万円を超えることも多い新築の住宅を1000万円台で作ることができるというのはかなりの節約になります。

数百~数千万円の額が浮くわけですから、その分のお金を旅行などのちょっとした贅沢に使ったり、日ごろの生活に余裕を持たせたりと様々な使い方をすることができます。

注文住宅づくりでは、特に見積もりをしてみると予算をオーバーして考え直すことになったというケースが多いです。そういった想定外もローコスト住宅なら安心して対処できるのではないでしょうか。

また、しっかりと業者と相談して作った家であれば、安いとはいえこだわりの詰まった家にすることができます。ログハウスのような内装にしたいといったような要望も、しっかりと打ち合わせをかさねることによって実現可能かもしれません。

 

ローコスト住宅とそのメリットについてご理解いただけたでしょうか。実は価格と質の両方をしっかりと兼ね備えた住宅にできるのですね。

また、そういった家づくりにはしっかりとした業者が必要不可欠です。A1グループでは、お客様の家の価格を抑えたいというご要望をプロの視点からしっかりとサポートいたします。ぜひ一度ご相談ください。