新築においてしておきたいこと|資金計画の立て方のポイント

新築のときにじっくりと考えておきたいのは、どのような資金計画を立てるか、ということですよね。
今回は、新築の際の資金計画の立て方についてお話しいたします。

◎資金計画の立て方

資金計画の際に行うことを挙げると、今手元にある資産と住宅新築に使うことができる資金の把握・住宅の新築にかかる費用の見積もり・比較から自己資金だけで賄えるかの検討・支払い計画・住宅ローンの借入額と返済の検討、といったものです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

1. 今手元にある資産と住宅新築に使うことができる資金を調べる

まず、ご家庭の現状の資金の集計を行います。
その中で住宅の購入に充てられる資金がどのぐらいあるのかを計算します。
将来的に急な出費がある可能性もないとは言えませんので、貯蓄しておく資金も考慮しておきましょう。

2. 住宅の新築にかかる費用の見積もり

次に、住宅の価格がどのぐらいになるのかを計算します。
新築と一口にいっても、どのような家を建てるかによって必要な資金額が大きく異なるため、どのような家を望み、その希望の家はどのくらいの費用が必要なのか、という大まかな費用を出しておきましょう。

3. 比較から自己資金だけで賄えるかの検討

算出した住宅の新築に必要な額と、最初で求めた自己資金の額を比較します。
もし自己資金の方が上回っていれば、資金面で大きな問題はありませんので、あとは細かい確認をすれば終了です。

反対に、必要な額の方が上回っていれば、頭金と住宅ローンの配分について考えることになります。

4. 支払い計画

支払いには、新築工事の費用だけではなく、税金もあります。
それぞれ住宅ローンと自己資金のいずれで対処するのかを考え、銀行や金融機関から出資してもらう金額や日程も確認を取っておくと直前になって慌てることもありません。

5. 住宅ローンの借入額と返済の検討

住宅ローンは長い期間をかけて返済をしていくことになります。
今のお金の使い方い道を見直し、問題なく返済を行っていける住宅ローンの額を定めます。

条件によっては融資額には限度もありますので、その額が借りられるかどうかを銀行に問い合わせてみましょう。一般的に、年間の返済額は年収の4分の1以内であれば安心と言われています。

◎最後に

今回は資金計画の一連の流れをご紹介いたしました。新築そのもの以外にも家具家電などを新調する費用もありますし、納税のことも考えなければなりません。
将来的には補修の費用もかかってきます。

人生の三大支出とも言われる住宅の購入ですから、子育てや老後の資金といった高額の投資をする他の場面についても考えて、どのぐらいの額を新築にかけられるか慎重に検討しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA