新築で無理のない住宅ローンにするために知っておきたいこと

新築する際には、多くの場合住宅ローンの申請について考えなくてはならないでしょう。

住宅ローンは、借りることによって憧れの新築の実現に近づける一方で、その後の返済におけるリスクも抱えることになります。
そのため、借りるにしても無理のない程度にしておきたいですよね。

そのためにはまず住宅ローンの仕組みを知っておくことが大切です。
今回はその中でも選ぶのに迷う金利の型と返済の方法についてご紹介します。

◎金利の型

金利の型には主に『固定金利型』『変動金利型』『固定金利選択型』が存在しています。以下でそれぞれ見ていきましょう。

○固定金利型

融資を行った時点の金利が一定である方式です。
金利の変動があっても、支払額に変わりはありませんので、返済計画を立てやすいのが特徴です。

融資があったときの金利によって利息の支払額が大きく変わってきますので、申込時にどの程度の金利なのか確認するようにしましょう。

○変動金利型

一年に一度の金利の見直しが行われる方式です。
固定金利型よりも低い金利になることが比較的多いようですが、変動に伴って月々の返済額も変わるため、見通しは不透明と言えます。

月々の負担額が増す可能性があることを踏まえて申し込むようにしましょう。

○固定金利選択型

最初の一定期間の金利を固定し、期間終了時に継続するか変動金利型に変えるかを選ぶことができる方式です。
固定金利型と変動金利型の両者の特徴を持っています。

◎住宅ローンの返済方法

住宅ローンの返済方法には、『元利均等返済』と『元金均等返済』という二種類があります。
住宅ローンの種類によって選べるものに違いがあるため、よく確認しておくことが大切です。それぞれの特徴についてみていきましょう。

○元利均等返済(がんりきんとうへんさい)

返済額が一定である方法です。
民間のローン会社の多くが採用しています。毎月のローン返済における負担が変わりませんので、資金計画が立てやすいのが特長です。

○元金均等返済(がんきんきんとうへんさい)

毎回の返済額のうち借入額である元金の部分を一定にする方法です。
まず元金を等分し、その時点で未返済の借入金額の利息を上乗せします。

返済当初はローンの残高が多いため、利息も多く返済額も高額になりますが、返済が進むと減少していきます。

元金を一定割合で返していくことで、借入金の利息が早く減り、最終支払額も安くなります。

◎最後に

ここまで住宅ローンの金利の型と返済方法について見てきました。ローンの種類によっては取り扱っていないものもあるかもしれませんし、ご自身の状況によって最適なものは変わってきます。

新築後の生活が苦しくならないように、無理のない選択であるのかを慎重に吟味して決めるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA