家事の負担を減らしたい!注文住宅を作る際の家事動線の考え方とは

注文住宅を作る際に、考えたいことのうちの一つが家事動線ですよね。

毎日家の中で行われる家事は、その動線が長いだけで積み重ねられる苦労が莫大なものになります。

裏を返せば、家事動線がしっかりと考えられて家づくりをすることができれば、負担も少なく幸せな住環境づくりに一歩近づけるのではないでしょうか。

今回は、住まいづくりを考える際に重要な家事動線を検討する際に行っていただきたい考え方についてお伝えします。

・考え方:行う家事に分けて考える

家事動線と一口に言ってもどうやって考えればいいのかいまいちわかりませんよね。また、具体的に考えるにも漠然としていると思います。

そのため、実際に普段行っている家事をリストアップしてそれぞれのシチュエーションごとに動線を考えてみてはいかがでしょうか。

今回は代表的な家事の例を挙げさせていただきます。

1.洗濯

洗濯ものを洗濯機に入れる→洗剤を入れて洗濯機をまわす→洗濯機から洗濯ものを取り出し干し場に向かう→干す→乾いた洗濯物を取り込む→洗濯物をたたむ→家族それぞれのタンスにしまう

洗濯での動線は以上のような形になるのではないでしょうか。

特に動きが大きいのは、洗濯物を取り出して干し場に向かうところかと思います。また、洗濯物を持ったままでの移動は重い上にかさばるため重労働です。

つまり、洗濯機が干し場とあまりに遠いと、家事の負担が増えるため、家事動線を考えた設計をするならこれらは近づけた方がよいということになります。

2.キッチン

冷蔵庫から材料を取り出す→フライパンなど調理器具を準備する→調理する→皿を準備する→盛り付ける→食器を洗う→食器を乾燥させる→食器棚に戻す

毎日自炊される方も多いため、キッチン周りの家事動線は考慮しておいた方がいいかもしれません。

食器棚がテーブルと遠かったり、冷蔵庫がキッチンと遠かったりすると持って運ぶものが多いため負担になることが考えられますね。

実際に生活されている中では、キッチンの使い方にもご家族毎の特徴があるかと思います。そういった特徴に合わせた動線設計をされてみてはいかがでしょうか。

 

今回は、家事動線の考え方について例を挙げてお伝えしました。

家事は当然これだけではないので、それぞれ個別の火事にとってどういった動線があるのか把握し、それぞれの家事同士やご家族の生活動線も考慮したうえでバランスの取れた住みごこちの良い注文住宅を作られてはいかがでしょうか。