家づくりにおいて重要な生活動線!無駄をなくす方法とは

「無駄のない家事動線はどうやって?」
と、生活動線のつくり方について気になっている方は多いのではないでしょうか。

新しく住宅を建てることをお考えの方は、間取りをしっかりと考え、快適な生活が送れるよう工夫していきたいものですよね。
そこで今回は、「無駄のない生活動線のつくり方」についてご紹介いたします。

□生活パターンを確認しよう

生活動線を考える前に、自分が普段どのような生活をしているかについて考えてみましょう。
専業主婦の場合と共働きの場合において、生活パターンには違いがあるかもしれません。

また、同時に家事を行う方や、時間をずらして一つずつ家事をこなしていく方もいることでしょう。
生活パターンが違うと、動線のつくり方も変わるため、この確認こそが非常に重要なのです。

□使う家電を把握しよう

使う家電を把握すると、家電の置く場所を決めることができます。
乾燥器で洗った衣服を乾燥させる方にとっては、洗濯機をバルコニーの近くに置く必要はないですよね。

どの家電を使い、またその使う順番についても考えてみると、おのずと理想の生活動線が浮かび上がってくることでしょう。

□スペースを繋げると効果的

お子さんのいる家庭の場合、家事をしながら子どもの世話をするのに、部屋同士が近い方が便利ですよね。
このように同時に複数のことをする家庭では、家事をするそれぞれの場所を一直線上に配置すると良いでしょう。

また、生活動線の移動距離を考慮すると、2階以上の住宅より平屋の方が便利である場合があります。

□収納スペースも確保

作業効率にこだわった生活動線を可能にする間取りにすると、収納のスペースの確保が難しくなることがあります。

無駄のない間取りとは行き来がしやすい空間であり、それは壁の入口の多い部屋を意味します。
壁がない分収納をするスペースを確保しにくくなってしまうのです。

また、家具の配置を制限してしまうことがあります。
収納が少なければ使い勝手が悪く、また置く家具が限られてしまっては満足のできる空間をつくることができませんよね。

以上、無駄のない生活動線のつくり方について紹介いたしました。

家のスペースは限られています。
収納を重視するか、移動距離を重視するのかなど、自分にとって何に一番こだわりたいかについて明確にしておくと、計画をスムーズに立てられるでしょう。
家族の全員が過ごしやすい家にすることが理想ですよね。

無垢材の注文住宅なら、エイ・ワン株式会社にご相談ください。