家づくりで絶対後悔しないと断言できるポイントとは?

注文住宅をお考えの方の中には、完璧な住宅を作りたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。たしかに完璧な家を建てようと思うことはとても大切です。

しかし、完璧を求めるがゆえに一つでも気になることがあれば気が気でなくなってしまいます。
せっかく家を建てるのですから、気がかりな事を残したくないですよね。

完璧を求めるのではなく、「これは外せない!」というポイントをいくつか持っているだけで満足度は変わってくると思います。そこで今回は、後悔しないために考えておくべきことをご紹介していきます。

【家事動線】

生活する上でとても大切なことは、家事をすることでもあります。家事は大変な仕事です。家族で家事を分担している場合でもやはり、家事が楽にできることに越したことはないですよね。

住み始めた家で動線が長く、家事が大変なことに気づいたのであればもう遅いです。しかし建てる前から知っていると後悔はなくなります。

洗濯、料理、掃除を考えた間取りにすることが大切です。家事をする人の目線になって想定してみてくださいね。段差が多い家で掃除機をかけるのが大変です。

また、洗濯物を洗うところと洗濯物を干すところが遠ければ大変です。このような、日常の家事一つひとつを想定してご自身に合った動線を考えることが大切です。

【収納】

建ててから不便だと感じることの一つとして、収納スペースが確保されていないことに後悔したと感じるようです。たくさんの思い出の品、季節ものの衣類など普段使わないものをしまって置けるスペースは必要でしょう。

また、キッチンなどの高いところの収納は、取り出しにくく使わなくなる可能性があるので、食器とあわせて、食料品の収納のスペースを考えるようにすると良いでしょう。

【広さ】

広い家は解放感がありますが、どうしても掃除が大変になります。また、持て余したスペースは収納にも適さず、手持ち無沙汰になることもあります。生活をしっかりイメージして間取りを考えるようにしましょう。

【まとめ】

今の生活を思い返してみて、不便なところ、そのままにしたいところがあると思います。不便な理由や問題点を明らかにし、将来の快適な暮らしに照らし合わせてみましょう。

機能性が優れている家を建てることは、これから長い間暮らしていくためにとても大切ですよね。後悔しないためには、暮らしをイメージするようにすると良いのではないでしょうか。家事も楽になり、家族団らんができる過ごしやすい家になることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA