家づくりで後悔しないためのキッチンのポイント

日々の生活をしていく上でキッチンは欠かすことのできない場所です。
そのため毎日のようにキッチンを使用されていると思います。

そんな中で大変なのがキッチンのお手入れではないでしょうか。
キッチンでは、火も水も使うので他の場所よりも汚れることも多く、お手入れを忘れてしまうと、すぐに汚くなることはもちろんですが、キッチンの劣化にも繋がってきます。

そこで今回は、キッチンのお手入れを少しでも楽にお手入れできるようにキッチンをリフォームする際のポイントについてお話ししたいと思います。

◆シンクの素材を汚れの落ちやすいものを選ぶ

シンクは溝に垢が溜まってしまうことやシンクに水滴を残したままにしているとカビの発生の原因になってしまうこともあります。

こうしたシンクに溜まった垢を取る作業やカビが発生しないようにシンクの水滴をこまめに拭き取る作業はとても大変です。

そういったシンクのお手入れをできるだけ楽にしてくれるのが、ステンレス製や大理石を素材としたシンクです。

例えば、大理石のシンクであれば、熱湯や熱い鍋、衝撃などにも強い素材です。
他にも、変色しにくいことや油の着いたフライパンなどを洗っても油汚れがシンクから落としやすいといった部分もあります。

また、人造大理石であれば見た目も高級感がある上にキズの補修も簡単にすることができます。

◆キャビネットの扉や壁材も楽なお手入れに関係する

キッチンのお手入れとなるとシンクやコンロの周辺を気にしがちですが、キャビネットの扉や壁材もお手入れに関係していきます。

みなさんは、キャビネットの扉や壁材をお手入れしたことはありますか。

日頃からお手入れをするような部分ではないかもしれません。
しかし、以外にもこの辺りは何気なく毎日キッチンを使用することで気づかないうちに脂が飛び散って汚れてしまっていることもあります。

こういった汚れは、年末などの大掃除などの時まで気づかない部分なのでリフォームする時には気にしない方も多いですが、こういった部分にシリコンコート処理などをしっかりと施しておくことが楽に手入れすることに繋がってきます。

◆ここまでのまとめ

ここまで、キッチンのリフォームをする際にお手入れが楽になるリフォームのポイントについてお話ししてきました。

こういったポイントに少しでも気を付けてもらえれば、いざリフォームをしても長い期間きれいな状態のキッチンを維持することができると思います

ご自身の理想通りのキッチンのリフォームを成功させる一助となればと思います。