健康を意識した注文住宅|自然素材を使った家づくりをしませんか

「いつまでも健康であり続けたい」
そう考えていらっしゃる方は多いことでしょう。
その願いを実現するためには、どのような家に住むのかということも大変重要になります。

健康を意識した住宅をお考えの方には、自然素材を使った家づくりをおすすめします。
今回は、その理由を3つの観点に分けてお話ししましょう。

○熱を伝えにくい

自然素材は、住宅によく使われている鉄筋やコンクリートといった他の素材よりも、熱伝導性がはるかに低いという性質を持っています。

このような書き方をすると、良くない感じがしますが、熱を伝えにくいということは温度の変化が起こりにくいということです。

住宅においても、外界の気温の変化には影響されやすいもので、冷房や暖房を使いますと部屋による気温の変化も出てきます。

急激な気温の変化は身体にとっても大きな負担になり、ヒートショックといった住宅内での事故にもつながりかねません。
自然素材を使用することで、温度変化を極力抑え、おだやかな室内環境にすることができます。

○自然素材を使った家は健康住宅につながる

シックハウス症候群という言葉をご存知の方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。
シックハウス症候群というのは、特に新築においてその住宅空間にいると体のあちこちが不調を訴えるという症状です。

その原因は、住宅の素材は塗料などに使われている化学物質であるとされています。このようなことから、一部の化学物質の建物への使用が禁止または制限されるなど、住宅空間と健康をつなげる考え方が広まり、健康住宅という言葉も登場しました。

この言葉は、有害だと考えられている化学物質や薬剤の使用を極力避けるといった工夫で健康に住めるようにした住宅のことを指しています。

ただし、明確な基準が定められているわけではありませんので、言葉だけに乗せられて選ぶのはおすすめしません。
自然素材を使った家は、有害な化学物質が含まれていないという点で、身体面にとって確かな健康住宅と言えるでしょう。

○精神的な健康も手に入れられる

現代の生活では行うべきことも多く、精神的に負担がかかることも多くあります。
仕事の慌ただしさもそうですし、人間関係でも気を遣う場面が増えてきているようです。

そんなストレスの多い現代においては、休暇中に山や森林などに出かけることで気持ちをリフレッシュするという方も多いのではないでしょうか。

住宅に自然素材を取り入れることによって、毎日簡単にそのようなリフレッシュ方法に近いことを行うことができます。

◎最後に

今回は、自然素材の魅力について健康の面からご紹介しました。
「身体にやさしい素材にしたい」「健康的な暮らしを実現したい」という方は自然素材を使った家づくりを検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA