健康に効果のある注文住宅づくりなら、自然素材を使いましょう!

「自分たちのための家を、注文住宅で作りたい!」
「健康にも気を遣った家づくりがしたいなぁ。」

住宅は本来、雨風や外敵から、住む人を守るためのものでした。しかし、現在はどうでしょうか?家の素材のせいでアトピー性皮膚炎に悩まされたり、シックハウス症候群になってしまったりする方もいらっしゃいます。

また、住宅ローンに苦しまれている方もいるでしょう。家の中が何だかジメジメしていることに嫌気がさしている方もいらっしゃるかもしれません。それらの問題は全て、自然素材による建築を行うことによって、解決できるのです。

今回は自然素材とは何を指すのか、そしてその効果についてご紹介します。

■自然素材って何?

自然素材の家、と一言で言っても、実は人によってイメージする家は様々です。「無垢材の家」「雨水を利用して生活する家」「太陽光パネルのある家」「健康に配慮した家」、そのどれもが自然の恵みを利用した家だと言えるでしょう。

しかし一般的に「自然素材の家」と言えば、ビニールクロスやベニヤ板のフローリング、塩化ビニールシートといった、化学薬品を含んだ素材を使わずに建てられた家のことを言います。

自然素材の家では、床ならば杉やヒノキといった、無垢材が使われることが多く、壁ならば珪藻土や漆喰塗り壁が使われることが多くなっています。

■自分の理想を叶えてくれる業者に依頼を!

ご自身の「自然素材の家」のイメージと、依頼しようと考えている施工会社や建築家が指す「自然素材の家」にズレはないでしょうか?ズレがあるのならば、その希望を叶えてくださる施工会社、建築家にお願いしましょう。

■健康面にいい効果が!

自然素材の家なら、現代人が多く悩まされているシックハウス症候群やアトピー性皮膚炎にも効果的だと言われています。アトピー性皮膚炎はよく知られている病気ですが、シックハウス症候群は初めて聞いたという方もいらっしゃるかもしれません。シックハウス症候群とは一体どのような病気なのでしょうか?

現代は住宅の高気密化・高断熱化などが進み、化学物質による空気汚染が起こりやすくなっています。また、ビニールクロスで囲まれた住宅では湿度が高くなりやすく、細菌、カビ、ダニが繁殖しやすくなっています。

建材などから発生する化学物質による室内の空気汚染と、空気汚染による健康被害が後を絶ちません。それらの症状をシックハウス症候群と言います。

自然素材の家なら化学薬品を含んだ素材は使われません。つまり自然素材の家は空気汚染も起こらなければ、室内が高湿度の状態を保つことも少ないのです。健康に気を使った家づくりをしたいあなたにぴったりです!
弊社では、無垢材などの自然素材をふんだんに使用した自然素材の家を、ローコストでご提供しています。気になる方はぜひお問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA