ワクワクの家づくり!後悔しないために考えたい4つのポイント

「注文住宅で家を建てることになった!」
「できるだけ建てた後、後悔したくないなぁ。」

建売やリフォームとは違い、あなたの理想を最大限適える「注文住宅」。しかし、だからこそ、自分たちの生活に合ったものを作るには、様々なことを考えて、作り上げていかなければなりません。

どんなことを考えて家づくりをすれば、後悔せずに新築での生活を楽しめるのでしょうか?今回は注文住宅づくりの際に後悔しないために考えたいことを4つ紹介します。

■施工会社に任せっきりではだめ!

後悔しない家づくりのためには、施工会社に任せっきりではいけません。
まずは、今の住まいに関する不満をリストアップしてみましょう。何もない状態から理想の家を考えるのは、思っている以上に大変で難しい作業です。

新しい家に住んだ時に「前の生活よりもいい生活だな。」と思えれば、後悔は少ないでしょう。

不満として出てくるものはキッチン、お風呂が使いづらいということや、寒い、乾燥がひどいという「機能」に関するものが多いのではないでしょうか。快適な住まいにするためには「デザイン」などではなく「機能」が大変重要なのです。

2つ目は、不満を解消した上に、さらによくなる仕組みを付け加えるべきだということです。不満としてキッチンが使いづらいのならば、キッチンを使いやすくしたい+子どもの顔を見ながら料理がしたい、というように、不満があるポイントにさらに自分は何を求めているのかを考えましょう。

3つ目は、施工会社に自分の理想の暮らし方をどんどん伝えるべきだということです。これまでに考えた最低限解消したいと考えている問題点と、それ以上に求めたいメリットを施工会社に伝えましょう。予算の問題があると全てを叶えられるとは限りませんが、伝えていただくことで施工会社としても、お客様の理想の暮らしを再現できる可能性が高くなります。

4つ目はお客様ご自身でも勉強していただくこと、その上で優先順位を考えて諦めることです。注文住宅を作りたいと考えている方には、予算がある方がほとんどでしょう。予算がある限り、どうしても諦めなければいけないものが出てくるのは、仕方がないことです。

また、「こんないい〇〇があるなんて知らなかった」という後悔もあります。施工会社側としては、優先順位が低いものであれば「予算オーバーになってしまうからこの提案はできないな。」という理由で、ご提案しないこともあります。

「知っていたけど諦めた」と「知らなかった」では、後悔の度合いにも雲泥の差があるでしょう。そのため、お客様ご自身にも勉強していただくこと、優先順位を持っていただくことが重要です。

今回は後悔のない家づくりのために考えたいポイントを4つ、ご紹介しました。「ゆとりのある人生を送りたい。」「そのために家を建てたい。」というように、「ゆとり」を一番優先したいことだという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんなあなたにぴったりの施工会社が「A-1 GROUP」です。自然素材をたっぷり使った家でゆとりのある人生を送りたい方はぜひ弊社にご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA