ローコスト住宅で失敗したくない方注目!注意すべき3つの点を教えます

「家を建てるのであればローコスト住宅にしたい」
そう思いをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

費用を軽減するために、様々な工夫が施されているローコスト住宅ですが、家の性能を下げたり不便さを感じたりすることにもつながる可能性があるという一面があります。

今回は、ローコスト住宅を建てる際の失敗を避けるために注意したい3つ点についてお話しします。

◎建物の広さは十分ですか?

もちろん、床面積を削減するほど費用は抑えられます。

しかし、快適な暮らしを実現するために作ったはずの新築住宅で、毎日の暮らしが「狭い」と感じていては苦しいものです。

来客があったときに提供できるスペースがない、取り入れたいものが入れるスペースがないという問題も起こりやすくなりますので、毎日の暮らしに必要な十分な広さは確保しましょう。

◎土地の広さは適切ですか?

土地の広さが広いと、土地代の他に外側に設置する塀などの工事の費用がかかることは想像しやすいと思います。

では、狭いほど安くなるかと言いますと、そうではないのです。住宅部分の床面積を縮小しない程度にまで最大限土地の部分を減らすと今度は斜線制限というものにかかりますので、入り組んだつくりをすることになります。

それによって外壁部分の工事が増えるために工事費用が高くなってしまいます。

斜線制限について詳しく説明します。
新築を予定されているところは、周辺に同じように住宅が立ち並んでいることの方が多いかと思います。

住宅が密集していますと、日照や風通しや光に影響してくることもありますので、そういったものが確保できる環境にするために、地域によって建物の高さや位置に制限がかけられていることがあります。

その基準を定める際に斜めの線を使うことから、斜線制限と呼ばれています。
対象となる地域によって異なりますが、斜線制限は、隣地斜線制限と北側斜線制限との2種類に分けられます。

それぞれの基準で定められている範囲内で住宅を作る必要があるので、住宅の建築場所や間取りが理想通りにはいかないこともよくあります。

◎内装や設備、質や量を下げて大丈夫ですか?

コストを下げる方法として良く採用されるのが、内装や設備の質を下げたり数を減らしたりするというものです。

具体的には、仕上げ材をより安いものに変える・壁の数を減らす・トイレを1か所にする、といった工夫がなされます。

ローコスト住宅の実現のためには非常に有効な方法なのですが、度が過ぎていないかはよく確認する必要があります。

使いにくくなったり、耐久性が下がるためにより早期の交換や補修工事が必要になったりするかもしれません。

特に壁を減らすことは、開放的になり過ぎるあまりに空気や音が抜けやすくなったり、家そのものの丈夫さを下げたりすることにもつながりますので要注意です。

安い分だけそのようなリスクあるということを把握した上で内装や設備を選ぶようにしましょう。

◎最後に

今回は、ローコスト住宅で失敗しない3つの注意点について失敗事例からご紹介いたしました。

これらの失敗は費用のことを過剰に心配することが原因となっていますので、費用以外の面ともうまく折り合いをつけて、後悔のないような家づくりをしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA