ローコスト住宅で失敗したくないなら施工会社のここに注目

「できるだけローコストで家を建てたい!」
「でも失敗もしたくない!」

低予算で家が建てられることで人気のローコスト住宅。しかし、家を買うということは一生に一度かもしれない大きな買い物です。安ければいいというものでもないですし、失敗したくありませんよね。今回はローコスト住宅を依頼する時に注目すべき、あるポイントについて紹介します。

■どうして安くできるの?

ローコスト住宅でも失敗したくないなら、ローコスト住宅を謳っている施工会社が、なぜローコスト住宅を実現できているのかを知りましょう。
粗悪な材料を使っていたり、人件費を削減しすぎているためにローコスト住宅が実現できているのであれば意味がないでしょう。

それよりも、材料を一度に大量に購入しているから材料費が安い、シンプルな間取りだから人件費が削減できている、施工会社がモデルルームをもっていないことで無駄な費用を抑えているというような会社を選ぶべきです。

材料を一括購入していると材料費が安くなるのは、普通のスーパーよりも業務用のスーパーの方が鶏肉100グラム当たりが安いのと同じことですね。

シンプルな間取りとは、壁や凹凸のない単純な四角い部屋の間取りを指します。できるだけ単純で、シンプルな間取りにすることで、外壁工事の手間やコストが高くなることを防げます。

また、モデルルームを建てるためや維持するためにかかる費用は施主様が負担することになっていることはご存知でしょうか?モデルルームに住むことのない施主様にとっては、そのお金も無駄なコストになっています。

ローコスト住宅をなぜ実現できているのか、施工会社のカラクリを少しでも知ることで、失敗を防げるのです。

弊社は「自然素材の家」を提供しています。そのため、確かに化学物質を使って作られている建材よりは費用がかかります。しかし天井・壁・床に使用している天然無垢材を大量購入することで、コストダウンを図っています。

また、「シンプルライフ」でお客様の人生を豊かにすることをご提案しています。シンプルライフには無駄を省くことが必要です。無駄な間仕切り壁や凹凸を省くことで、シンプルで広々とした室内を実現しています。無駄な間仕切り壁や凹凸がない間取りこそ、シンプルな間取りです。

さらに弊社は、モデルルームを持っていません。その代わり、内覧をしたいという方はすでに弊社で家を建てられた施主様のお宅にお連れしています。モデルルームにはない、実際に住んでいる方の声を聞けます。

ローコストだからいいというわけでもなければ、高ければいいというわけでもありません。お客様にとっての無駄を省いた施工会社で、失敗のないローコスト住宅を建てましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA