ログハウスを勾配天井にするかについて|茨城に住みたい方必見!

天井を傾斜にすることで、おしゃれに見せられる勾配天井。
注文住宅をするにあたって、天井へのこだわりがある方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、ログハウスを勾配天井にすることのメリットとデメリットをご紹介します。

 

▢勾配天井のメリット

*開放感

部屋の天井を斜めにすることで、上部に視線が抜けられるようになります。
これにより、風通しや採光量も良くなります。
部屋全体が明るくなる上に、空気の循環も良好です。
そのため、すぐに部屋を暖めさせることもできます。
また、窓の設置に困った際も最適です。
勾配天井にして、部屋の高い位置にも窓をつけることができます。
すると、視線を外まで向けることもでき、空を眺めることができます。
夜空も眺められるので、非常におしゃれです。

*2階との相性が良い

リビングが1階の場合、平屋のように勾配天井ができるのは、上が天井である場合に限られます。
しかし、2階がリビングであればすぐ上には天井があるため、勾配天井にすることができます。
天井が高いため、さらに2階が広く感じられるのです。

 

▢勾配天井のデメリット

*費用が高くなる

天井を貼ると小さな屋根裏を部屋にする必要があります。
特に、壁の面積が増えてしまうため、壁紙の張替えも必要となってきます。
そのため、その内装費にお金がかかります。
また、メンテナンス費も高くなります。
高い位置についた照明器具の掃除や取替えが大変になってしまうからです
取替えができない場合は、担当業者に依頼が必要です。
埃が溜まって汚くならないように、こまめに掃除することも欠かせません。
時間と費用がかかる認識が必要です。

*照明器具の設置計画が難しい

勾配天井にすると、空間の大きさは広くなります。
すると、必然と照明器具の数も多くなります。
そのため、どこに、どのような明かりをつけたらいいのか、細かく考えなければいけません。
さらに、地震対策も欠かせません。
照明が揺れで落ちないように、振れ止め用のワイヤーを用いることがあります。
このため、設置費用も高くなります。

勾配天井は、設置費用が高くなる状況から避けられないと言えます。

 

▢おわりに

今回は、ログハウスを勾配天井にすることのメリットとデメリットをご紹介しました。
天井にこだわりを持ちたい方にとって、勾配天井は真っ先に選択内に含めます。
しかし、費用面や維持面の考慮も含めることが欠かせないことを、忘れないことが大切です。
勾配天井について興味のある方は、ぜひ弊社までお問い合せください。
皆様が注文される住宅に沿って、ご説明します。

建築事例