ログハウスは暖かい?冬の寒さはログハウスで耐えられるのか。

皆様はログハウスに対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。

木のぬくもり、キャンプ場のコテージ、虫がたくさん、高い天井など挙げだしたらキリがありませんね。その中でも今回お伝えしたいのは、ログハウスの冬の寒さについてです。

夏涼しく冬暖かい家は住環境として素晴らしいものですよね。ログハウスはいったいどうなのでしょうか。

・冬暖かいログハウス

結論から言うと、ログハウスは暖かいです。理由として挙げられるのが、建材となっている無垢材の断熱性です。コンクリートの12倍ともいわれる無垢材の断熱性は非常に優れたもので、冬暖かいだけでなく、夏には涼しい家づくりをすることができます。

また、調湿性にも優れており、夏の多湿環境、冬の乾燥にも水分の吸収、放出でしっかりと対応してくれます。体感気温は湿度によっても左右されるところが大きいため、無垢材はそういった面からも安定した住環境をサポートしてくれます。

ログハウスの断熱性は、経済面からも評価できます。建材の断熱性が高いほど、一度温めた部屋が外気の影響を通じて温度が下がりにくくなり、暖房効率が上がります。

何度も何度も部屋を暖めなおさなくてよいということですね。日々のエアコン代に悩まされている方は、暖房効率を考えてみるのもよいかもしれません。

・薪ストーブの注意点

ログハウスといえば薪ストーブという方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かにあの薪で起こした火のぬくもりは、電気やガスのストーブでは味わえないものがありますよね。

しかし、薪ストーブにも注意点があります。薪の調達です。昔話の木こりのように山に入って木を切ってそれを薪にして…という風にしているとその山の持ち主から怒られることになります。

また、薪を割る作業となると実際にはかなりしんどく、服が汚れたり物を破損させたりする危険があります。薪の入手先や薪を割る際の労働量は想定を超える可能性があります。

せっかく用意したなら使いたいはずの薪ストーブも、いつの間にかインテリアになってしまったということになりかねません。活用するイメージをしっかりもって購入されることをお勧めします。

ログハウスで過ごす冬についてイメージしていただけたでしょうか。木のぬくもりを感じられる家は実際に暖かいものだということがわかりました。

また、A1グループでは、ぬくもりを感じられる無垢材を内装に使用したCUTEという注文住宅を承っております。ログハウスのような内装で暖かい冬を過ごしてみてはいかがでしょうか。