ログハウスは子どもの健康にどのようなメリットがあるのか

ログハウスは自然の「木」を使っていて、健康に良さそうな気がしますよね。
実際、化学物質を含んで建てられた家の中にはシックハウス症候群で悩んでいる人もいます。

政府やWHOは家を建てるときの化学物質の制限を設けたり、除湿ができる機能をつける義務付けをしたりして対策をとっています。その点ではログハウスは木という自然素材でできているので、化学物質を含んでいる心配がなく、お子さんがいる家庭でも安心して住むことができます。

今回は「木」を使った家のメリットはどのようなものかご紹介していきます。

【木はとっても万能】

木はとても万能です。
どのようなメリットがあるのでしょう。
木でできた家は、外の温度を中に通しにくく、家の中の温度を一定に保ってくれます。

ほかの家の素材、例えばコンクリートと比べたときとは、12倍もの断熱性があると言われています。そのため、冬は外の冷たい空気を通さず、夏は暑さを通しにくく、室内はとても過ごしやすい空間と言えます。

また、除湿効果が高いこともメリットのひとつです。木は呼吸していて、無駄な湿気を吸ってくれます。木が呼吸しているので乾燥しすぎたり、湿度が高すぎたりする室内になることはありません。

これが健康で最も重視しても良いメリットではないでしょうか。湿度が高くなり、カビが沢山生えると、健康に悪い状態になりますよね。木は防カビに優れているのでカビによる健康被害の心配の可能性が格段に下がると言えます。

【木の家はログハウスだけなのか】

木の家は本当にログハウスだけなのでしょうか。いいえ、弊社の「Cute」という注文住宅は、木の特性を活かしてつくる注文住宅なので、木の家の良いところをとりつつも、注文住宅ならではの低コストで仕上げることができます。

ログハウスといえば価格が高いイメージですが、キュートの注文住宅でつくる木の家は、様々な工夫をして自然の素材を使っているにも拘わらず、低コストを実現しています。

【まとめ】

木を使った家は、健康に良いだけでなく、機能性にも優れていて住みやすいです。

人生で大きな買い物は失敗したくないですよね。シックハウス症候群など、新築を建てられる方の中から化学物質による健康被害を少しでもなくすため、安全で快適で低コストの、自然素材を使った家を提案させていただきます。

子どもも大人も安心・安全で快適な空間の家を建てるための手助けになれば幸いです。
ぜひ、「Cute」も検討してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA