ログハウスの耐震性が知りたい!耐震性を決めるポイント7つ

「ログハウスを建てたい!」
「でも、地震に耐えられるのかどうかが気になるなぁ。」

ログハウスは木で建てられている家なので、地震がきても耐えられるのかどうかが心配だという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、そもそも地震に耐えられるのかどうか、つまり耐震性って何によって決まるのでしょう?今回は耐震性を決める7つのポイントを紹介します。

■どんな要素によって耐震性は決まるの?

1つ目は基礎です。基礎とは、建物の一番下で、上に載る建物をまとめて一体化させる役割、壁をしっかり支える役割があります。

2つ目は建物自体の重さです。地震のエネルギーは建物の重さに比例して大きくなります。つまり、建物自体が軽い方が、地震による被害の少ない、地震に強い建物だと言えるのです。

3つ目は壁です。壁は家の構造において、キーポイントとなります。バランスのとれた壁の配置と量で、構造を固めていくことが重要です。木造住宅では、壁に耐震壁を使っています。耐震壁とは、地震や風など、横からの力に有効な壁のことです。その壁を東西南北にバランスよく、適切な量、配置することによって、地震に強い家づくりが行えます。

4つ目は直下率です。直下率とは、2階の壁の真下にどのくらい1階の壁があるかの割合を指します。直下率が高ければ高いほど、地震が起きても2階の重量を1階で支えられるのです。バランス良く耐震壁を配置し、直下率まで考えられれば、さらに耐震性が高まります。

5つ目は金物です。木造住宅といえど、全てが木でできているわけではありません。木材同士をつなぐ部分と基礎、骨組みをつなぐ部分には、金物が使われています。金物でつなぐことによって補強され、力がかかっても基礎から木材や骨組みが剥がされないようになります。適した位置に金物を使うことが重要です。

6つ目は地盤です。最近では各地の公共団体がハザードマップを公開していますし、全国各地の地盤の固さをインターネットで見ることもできます。建築前に住宅を建てる場所の地盤の強さを確認することは、もはや常識だとも言えるでしょう。住宅を建てたい場所の地盤が弱いとしても、地盤補強をすれば、強くできます。

7つ目は設計と施工管理、つまりどの会社に頼むかということです。ここまでご紹介した耐震性をあげるポイントをしっかりと理解して、適切な設計をする会社でなければいけません。また、実際に現場で設計通りに工事が行われているか、施工管理ができる会社でなくては、安心できないでしょう。信頼できる施工会社を選びましょう。

今回は耐震性を決める7つのポイントについて紹介しました。ログハウスでも、この7つのポイントが適切ならば、耐震性に優れた家にできます。木材は同じ重量で考えると、鉄やコンクリートよりも強い耐久性を持っているとも言われています。耐震性に優れたログハウスに住みたいなら、是非一度ご相談ください。弊社であなたの理想を叶えましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA