ログハウスの耐久性はどれくらい?地震に強い理由とは?

家を建てる際には様々なタイプをお考えになるでしょう。
「ログハウスの様式にしたい」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。
ログハウスには様々な魅力がありますが、今回はそのうちの地震への耐久性に焦点を当ててお話しいたします。

◎ログハウスの耐久性はどれくらい?

「地震への強さがあるのか」ということは、日本で住むにおいては気になるところですよね。
「ログハウスは地震に強い家である」ということはよく言われています。

近隣の住宅の多くが倒壊し、電柱が傾くような揺れがあった場所でも、ログハウスは大きな損傷が見受けられなかったという報告もあるのです。

建物の強度を表したものに耐震等級があるのですが、一般の建物が建築基準法の耐震性能を超える水準として定められている耐震等級1を満たすかどうかの程度であるのに対し、ログハウスは耐震等級1で想定されている1.5倍の地震が起きても耐えることができ、消防署や警察署といった防災の拠点となっている建物が該当する耐震等級3の水準での設計ができるとされています。

◎ログハウスが地震に強い理由は?

しかし、なぜログハウスは地震に強いのでしょうか?
それは、太い木材を使っていることとログハウスならではの構造にあると考えられています。

まず太い木材を使っていることで重量があり、地震の揺れに影響を受けにくくなっています。

そして、それぞれの木材が広い表面積で隣の木材と取り付けられているために摩擦力が大きくなり、衝撃があっても摩擦によって力をある程度吸収して軽減できています。

木材同士は複数箇所で固定されていますので、一箇所での接合が多い場合よりも、動きにくさがさらに増大しています。

地震の揺れに対する方法としては、建物内の要所に揺れを吸収する装置を設置することで、揺れや振動を吸収して建物自体の揺れや振動を小さくする制震というものもあるのですが、ログハウスはこの機能も備えているといっても過言ではありません。

これらのことからログハウスは地震の揺れに対して強力な耐性を持ち合わせています。

◎ログハウスをアップグレード版「Cute」

今回はログハウスの耐久性についてお話ししました。ログハウスには他にも様々な魅力がある一方で、頻繁な塗装が必要であるなどといった問題点もあり、検討はするものの諦めてしまうという方も多いようです。

そこでご紹介したいのは、弊社のCuteという住宅です。
Cuteは外観が現代多く存在している住宅と変わりがないものである一方で、内装はログハウスに似ています。

耐久性があり、地震にも強いログハウスならではの魅力を感じられる空間でありながら、外観は一般的な住宅にすることでメンテナンスの大変さなどのログハウスのデメリット補っているのです。
高品質かつ低価格であるCuteの家、是非ご検討にしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA