ログハウスで子供の健康を守る?自然素材の家のメリットとは

注文住宅をお考えの方で、お子様がいらっしゃる方はいませんか。

子育て環境において住まいは大変大きな影響力を持っています。子どもが大きくなる前に家を建てたいという方の中でも安全な家に住んで、子どもの健康を守りたいという方も多いのではないでしょうか。

では、住まいによって子どもの健康に被害が発生するとはどういったことなのでしょうか。また、そういった問題を解決するためにはどうすればよいのでしょうか。

今回は、住宅が子供に与えうる健康被害とそれを抑えてくれるログハウスを含めた自然素材の住宅のメリットについてお伝えします。

・住宅が子供に与える健康被害

シックハウス症候群ということばをご存知でしょうか。これは、住宅の建材に使われる化学物質が空気を通して人間に達することで、めまい、頭痛、発熱、アトピーなど様々な症状を引き起こすものです。

大人もシックハウス症候群にかかりますが、子どもの場合免疫力が低いこともあるため心配ですよね。数十年住む予定の家を建てる際に、そのようなリスクを抱えるのはでできれば避けたいものです。

ではそのような被害を抑えるために、住宅を建てる際にできることとはいったい何でしょうか。

・自然素材の家とそのメリット

化学物質の使用をできるだけ抑えた自然素材の家をお勧めします。ログハウスのように、無垢材を使った家は化学物質の使用が一般的な住宅よりも抑えられているため、シックハウス症候群のリスクが低いです。

無垢材とは、建材の材料となる木を様々なものを張り合わせて作られる合板材とは区別される、一本の木から一つの建材が作られるものです。

こういった無垢材を使用したような住宅は、化学物質の使用を抑えているだけではなく、木のデザイン上のぬくもりや、調湿機能、断熱性、保温性、防火性など多くの面でメリットがあります。

住宅を考える際に自然素材の使用を検討してみてもよいかもしれませんね。

 

自然素材の家のメリットについてお分かりいただけましたでしょうか。一概に自然素材の家といっても、メンテナンスの大変なログハウスだけではありません。

A1グループでは、現代住宅とログハウスのいいところどりをした新しい住宅のCUTEを取り扱っております。

CUTEは、室内でのログハウスのような居心地やあたたかさと、外観からはモダンな住宅のような装いを両立した健康にもデザインにも優れた住宅です。
お子さんの健康を守る家づくりのためにも、一度お気軽にご相談ください。